harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

ラーメン全般 支那そば系

今日のラーメン:飯田商店(湯河原)圧倒的プレミアム感!

投稿日:2021年1月31日

 
本日は神奈川の超絶人気店『飯田商店』へ訪問です。
昨年からレストラン予約・お取り寄せサイト”omakase”での予約のみになり、毎週予約を取れず敗北し続けてましたが、ついに今週、家族4人分の予約が取れました\( ‘ω’)/
ちなみに一昨年に訪問した友人は、日の出前に並んで整理券が3桁と言ってました。
緊急事態宣言下なので、マイカーで自宅を出てから湯河原までノンストップでの訪問です。

店頭でのお土産販売もありました!

訪問は予約時間10分前に到着してくださいとのことで、12時40分過ぎに到着。
入り口ではお土産の店頭販売もありました。omakaseの予約フォームでもお土産を選べたのですが、慌ててしまって一つも選ばずに予約を完了してしまったので店頭販売は助かります。寒空の中有難うございます!

駐車場の案内。

お店の方からの案内で、順番に食券を買って渡しつつ、予約の確認と検温と消毒をしていただきます。
注文は看板メニューを踏襲するべく『わんたん入りしょうゆらぁ麺』1580円に『指宿産 一本釣り本枯節のごはん』550円、女房と息子は『しょうゆチャーシュー麺』1700円、娘は『しおチャーシュー麺』1700円。
『おにくごはん』と迷いましたが、今回は本枯節にしてみました。

この上品な料亭感、お箸や箸置きまで高級!

今回はカウンターでの予約になりましたが、椅子の座面が高く、小学生の息子でも高さは心配なし。
人気店なのでメディアでの情報量が多いお店ですが、実際訪問してみるとすごい高級感です。店名が刻印された軽くてしっとりしたお箸に箸置き、手抜かり無し!
娘の座った座席は調理場の目の前で、店主の飯田氏の麺上げを目の前で見える席でした。座る場所を変わってもらうべきだったか(゚Д゚;)シマッター

わんたん入りしょうゆらぁ麺

着席後5分ほどでまず子供たちのらぁ麺が配膳、続けて自分と女房のらぁ麺も到着です。
既にいろいろなメディアで語りつくされてますが、せっかくなのでレビューをw

スープ:
スープの上面に湛えられた鶏油は地鶏らしいコクと甘味、続けてスープ、はじめは円やかながらすぐ酸味の効いたシャープな味付けに。
醤油もふくよかな味付から塩っけが前面に出てきて、『はじめコクまろ、食べ進めるとキレが出てくる』変化が楽しめました。
素材を存分に生かして仕上げられたプレミアム感がすごいです!

麺:
一見コシのありそうな低加水麺かと思ったら、実際啜ってみたら素麺、それも揖保乃糸のようなシルク感、一方でコシのしっかりした麺でした。繊細ながら芯がある、といった感じ。

具:
ホールの方から説明いただき、今日のチャーシューはロースは霧島高原純粋黒豚とバラは純粋金華豚、わんたんは山水地鶏と…豚のほうは忘れてしまった(゚Д゚;)
ただサイトに案内のあった”純粋金華豚”ではなかった気がします(黒豚と案内されたような?)
ロースの上品な肉感とバラのリッチな味付が対照的。ドンブリでもロースに先に箸がくるようレイアウトされてますね。見た目も兼ねてるかな?
わんたんは豚のほうは生姜などの『タネ感(?)』が目立ち、鶏のほうはお肉感(??)が前面に出るよう味付けされてますね。
海苔・メンマを箸休めにいただきつつ、スルスルと完食!
薬味の九条ネギも含め、厳しく厳選された素材がちりばめられていますね。

指宿産 一本釣り本枯節のごはん

そして食べ進めてから配膳いただいた『指宿産 一本釣り本枯節のごはん』、まずそのままいただいてみると…鰹節が口の中で溶ける!?
醤油を少しづつ垂らしていただいていくと、鰹の風味が引き立てられますね。
写真だと判りませんがご飯の量は少な目で、てんこ盛りの鰹節が完全に主役。風味豊かで美味しい!ですが、”丼”としていただくなら、オプションの『烏骨鶏の生たまご』が要りますね。むしろ生たまごまでセットでコンプリートだな、これは!

まとめ:
・料亭感もさることながら、手抜かりないホスピタリティと”おもてなし”!
・意外と攻めてるスープ、それでいて素晴らしい出汁と醤油のバランス!
・味オンチでも違いが判る(笑)素材選びと仕上げ!!

中途半端なレビューになってしまうのがとても辛いですが、とにかく圧巻の一杯でした!
“とにかく”なんてワードを使うと強引になんとかしたい感が出ちゃってますがw、ついに食べログで満点をつけてしまった…

ちなみに息子は『あのお箸と箸置きが欲しい!』などと言ってましたw たしか箸置きは有田焼とのことですが、小学生のくせにチョイスがシブいな息子~w
そんな感じで、ご馳走様でした!

※お土産に『飯田商店のラー油』を購入しましたが、これがまたスパイシーで”只者ではないラー油”でした(゜Д゜;)スゲー

関連ランキング:ラーメン | 湯河原駅

-ラーメン全般, 支那そば系
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

今日のつけ麺:六厘舎(大崎)貫禄のつけ麺!

  今回は大崎駅の新西口から5分ほどの『六厘舎』へ訪問です。 六厘舎への訪問は旧店舗に訪問して以来の10数年ぶり、こちらの店舗は初訪問です。 数年前に東京駅のラーメンストリートの店舗は一度前を通ってみ …

今日のラーメン:壱六家 横須賀モアーズシティー店

GWの後半に、子供たちと横須賀中央に出かけた際に立ち寄りました。壱六家は3年ぶりくらいに入りましたが、モアーズのお店への訪問は初めてです。 看板がないと、ラーメン屋さんには見えないモダンな店内ですね。 …

今日のラーメン:わいず(神田)

本日は神田の『わいず』へ訪問しました。 2年ほど前、渋谷の百軒店にオープンした『友喜』の修行元ということで、ずっと以前からBMしていましたが 今日、日本橋で所用を終えた後、ちょっと神田まで足を伸ばして …

今日のラーメン:横浜家系 黄金家 (黄金町) ほうれん草をがっつりいただく

  仕事帰りは久々に黄金家に訪問です。 そんなに間が空いた印象は無かったのですが、去年の1月に訪問して以来なので、2年弱もブランクが空いてしまった(゚Д゚;) 20時40分頃の訪問で先客10、後客5。 …

今日のつけ麺: 道玄坂 マンモス (渋谷)

久々に喜楽へ行こうと思いつき、マークシティから信号を渡って百軒店へ向かおうとした際 道玄坂の下り方面をフッと見たら『つけ麺』のノボリを発見したので、予定変更してそのまま入店してみました。 この周辺には …