harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

今日のラーメン:一風堂 五反田東口店 (五反田) ソースとんこつをいただく

   


本日はランチで期間限定の『ソースとんこつ』を注文してみました。
あちこちのブログやネットメディアで『賛否両論!』などというキーワードとともに紹介されていますね。
先日浜松町の『麺屋武蔵』に訪れた際、近くの一風堂スタンドの浜松町店で試食会をやっているのを見かけたのですが、このソースとんこつのお披露目だったのかな?

ビジュアル的にもお好み焼き、ないし焼きそば(あるいはつゆ焼きそば?)をイメージさせる仕上がりになっていました。
ソースと紅しょうがの組み合わせって、ジャンク感全開になりますね~

ソースとんこつ(850円)

というわけでレビューです。

スープ:
写真だと豚骨魚介系に見えなくもないですが、ばっちりソースでした!
酸味とスパイスの味わいが前面に出てますが、一風堂らしく豚骨出汁のまろやかさが効いているので、突き抜けた『THE・ソース』よりは『ソースmeetsとんこつ』で収まってました。それでも前列がない味ですね。

麺:
いつもの博多ラーメンの細麺。ソースとんこつ用に用意されたものではなく、固さを選べます。ソースのスープのおかげでしっかりセピア調なカラーになってますw

具:
チャーシュー、キャベツ、温卵、ネギ、紅しょうが、お好みで天かす。
紅しょうがは白丸、赤丸向けに薬味で用意されているものと異なり、赤い着色料が目立ち、ソースに負けずに酸っぱいタイプ。
麺は少なめなので替え玉前提なのは間違いない(頼みませんでしたが)ですが、キャベツが割とボリューム多めですね。
後半は温卵を崩して酸味をマイルドに…いや、ソースが強くて中和されませんでしたw ホットもやしも目立たなくなりますw

実際にレギュラーメニューにした場合は赤丸新味に倣って『茶丸新味』あるいは『ソース新味』といった感じでしょうか(企画の段階で、そういうネーミングも候補に出てそうですが)。

ネーミングも順番を変えると『とんこつソース』なので、とんこつ醤油と比べるとインパクトをあまり感じなくなるので、あえて『ソース』を先に持ってきて強い印象を狙ったのかもしれませんね。
ちなみに提供期間は11月末までとのことでした。ご馳走様でした~

関連ランキング:ラーメン | 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

 - ラーメン全般, 博多ラーメン ,