harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

今日のラーメン:すた麺 六本木店

   


06/11にオープンした”すた麺”に行ってみました。
オープン2日目のせいなのか、はたまた昼の営業時間が終わる15時前の入店のせいか、お客さんはなくお店の人がまかないを食べているところにお邪魔してしました。

入り口付近に飾ってある花輪の署名が軒並み著名な野球選手や格闘家の名前ばかりで少々びっくりしました
(目の前の通りが大渋滞していたので、あいにくうまく写真が取れませんでした…)。
あとからネットでググってみたら、情報が少ないながら、オーナーの方が格闘技をされているようで納得です。

入り口を入ってすぐのところに券売機があり、店内と通路を分ける衝立があるので中の様子が見えなかったのですが、人の気配がないのに”いらっしゃいませ!”との声が…カメラとかあるのかはわかりませんでした。店内はカウンター席はなく、すべてテーブル席です。

さてメニューなのですが、オープンしたて&当然初めての入店なので、一番スタンダードと思われる”すた麺”をオーダーしました。ライスは全品につくとのことで、不要の時に一声かけてください、とのことでした。

待ち時間は短く、2~3分ほどでした。
一声かけるにしても、いろいろ写真を撮るのもはばかられたのでメニューのみの写真ですが、看板と比較して落ち着いた店内、かつカウンターでなくテーブル席なのでリラックスできる空間でした。店員さんは大変親切です!
とはいえ、新しいお店のうえに自分一人しか客がいないので、なかなか緊張しました…

さてレビューです。
濃いめの醤油でしたが、炒めたタマネギの量が非常に多く、そのせいか全体的に甘みがつよい味付けでした。
一方で、ニンニクがゴロゴロ入っていて食欲をそそる匂いでした。タマネギと間違えて噛んでしまい、仕事で人と会うときは厳しいものがあります。幸いお客さんとかには合う予定がない日だったのでそのままガッツリいっちゃいましたが。
そのほかの具はニラ、濃いめの味付けの焼き豚とバラ肉で、”スタミナ系ラーメン”のキャッチフレーズにふさわしい”濃ゆい”ものでした。

麺はストレートの中太麺ですが、少々粘りがあるように感じられました。
甘いながら味が濃いめなのでライスも進みます。

テーブルには胡椒などはなく、一味だけが置いてあったので試してみたところ、咳込むほど辛みが強まってしまったので、後半は辛さと闘いながらの完食と相成りました。
メニューをマジマジとチェックしたところでは、基本は普通の”すた麺”と”味噌すた麺”の2種類、あとはトッピングで変わるようでしたので、次回は味噌すた麺ですね。職場からも近いので、近日中に再訪しようかな。

すた麺 六本木店

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 六本木一丁目駅六本木駅神谷町駅

 - ラーメン, ラーメン全般 ,