harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

infra network YAMAHA Router 運用

SNMPのTX/RXカウンタについて(YAMAHA RTX1200)

投稿日:2011年5月12日

Last Updated on 2022年10月1日 by かんりにん

 

会社のGWルーターに使用しているRTX1200のインターフェースのTX/RXカウントを
LinuxサーバーからSNMPを使って累積でログに書き出していたところ、
32ビット長分に達するとリセットされるっぽいので、ソースや対応方法(64ビットでカウントできればいいな、的に)を
いろいろ探ってみることに。

要約

以下、CiscoのFAQサイトからの抜粋を。

  • RFC 2233 leavingcisco.comでは、拡張された 64 ビットのカウンタが採用されています。
    これは 32 ビットのカウンタでは容量が足りずにラップアラウンドするのが早すぎるような
    大容量インターフェイスを対象としています。
  • 64 ビットのカウンタに対してクエリーを実行するには、SNMPv2C または SNMPv3 を使用する必要があります。
    SNMPv1 では 64 ビットのカウンタがサポートされていません。
  • ifInOctets = .1.3.6.1.2.1.2.2.1.10 は 32 ビットのカウンタであるのに対し、
    その 64 ビット バージョンは ifHCInOctets = .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.6 であることに注意してください。

    • 32bitカウンタ(InOctetsを抜粋)
      ifInOctets = .1.3.6.1.2.1.2.2.1.10
    • 64bitカウンタ(InOctetsを抜粋)
      ifHCInOctets = .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.6

まとめ

SNMP(V1)で取得するMIBが32bitカウンタだったことがRFCで確認できてスッキリ。
→カウンタが4GB分に達するとリセット、ということでOK。
→64bitカウンタ対応のインターフェースで、かつ64bitカウンタを使用すれば
カウントは64bit長となり、32bitカウンタのようにリセット(ラップアラウンド)されない。
ただし64bitカウンタはSNMP V2c以降で実装されている、とのこと(RFCより)。

RTX1200の実装を調べてみたところ、ファームウェアRev.10.01.24以降で
SNMP V2c、V3の両方に対応しているとのこと。

…ということで、現在のRTX1200のファームウェアバージョンを見たところ、SNMP V2c、V3に対応する直前の10.01.22だった…orz
ファームウェアのアップデートから作業しなくてはw

 
 

 

 

-infra, network, YAMAHA Router, 運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

CentOSにwmiクライアントを入れてみる

何気にLINUX PACKAGE SEARCHでwmi(Windows Management Instrumentation)の RPMパッケージが紹介されていたので、空き時間に入れて試してみる。難易 …

no image

ポート転送ツール rinetd

ポート指定で別の外部ホストへサービスを転送できるツール。 受付ホストと転送先ホストをIPアドレスで指定するところがポイント。 URLをそのままに、ホストだけ変更するような場合に有効。 【本家サイト】 …

nagios snmp ディスク使用率表示スクリプトのカスタマイズ

  もともとcheck_snmp_storageを使用していたが、nagiosgraphでグラフを出力させるための perfdataの表示を、nagiosgraph側でパーティション指定を認識できるよ …

no image

postfix SMTP-auth実装ログ

  ▼smtp-AUTH実装ログ †  (UNIXパスワードをメールパスワードとする場合)   本番環境への実装が完了したので、インストール時の作業ログとして   再構成します。 【参照 …

nagiosgraph/1.install

  nagiosgraphインストールログ † nagiosgraphの導入ログ。 参考資料:nagiosgraph本家サイト http://nagiosgraph.svn.source …