harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

infra network 運用

trafshow

投稿日:2006年10月3日

trafshow

トラフィック・モニターtrafshowのインストールと動作具合をテスト。

[本家ページ]※ロシア語
http://soft.risp.ru/trafshow/index.shtml

[英語ページ]
http://soft.risp.ru/trafshow/index_en.shtml

[ダウンロードページ]
http://soft.risp.ru/download.shtml

ダウンロード/インストール

よくわからないので、ヘルプを見つつオプションをつけずにビルドしてみる。

# pwd
/usr/local/src
# wget ftp://ftp.nsk.su/pub/RinetSoftware/trafshow-4.0.tgz
# tar -zxvf trafshow-4.0.tgz 
# cd trafshow-5.2.3/		←アーカイブのバージョン名と展開したバージ ョンが違う…
# ./configure
# make
# make install
./install-sh -c -s -m 555 -o bin -g bin trafshow /usr/local/bin/trafshow
./install-sh -c -m 444 -o bin -g bin trafshow.1 /usr/local/man/man1/trafshow.1
[ -f /etc/trafshow ] || ./install-sh -c -m 444 .trafshow /etc/trafshow
#

make installを見ると、設定ファイル、バイナリ、マニュアルをそれぞれに展開して完了。
割りとインストールでの手間はなかった。

動作テスト

/usr/local/binにバイナリがおかれているので、シェルからパスなしで実行OK。
オプションを指定しない場合は最初にIFの選択画面が出る。

# trafshow →Enterキー
  • インターフェースの選択
    オプションなしで起動した場合の最初の画面。
    インターフェースを選択してEnterキーを押すとnetstatと同じ情報が出力される。

    Interface            Address                                                      Description 
    ===========================================================================================================
    eth0                 0:c:29:96:be:af  192.168.0.4                                 Ethernet                 
    lo                   127.0.0.1                                                    Loopback 
    
    ===========================================================================================================
  • 出力結果
    インターフェースを選択してEnterキーを押すとnetstatと同じ情報が出力され、1秒ごとに更新される。

    Source                            Destination                       Protocol      Size          CPS 
    ===========================================================================================================
    a123.example.com,ssh              b456.example.com,1211             tcp           14K           445        
    nkabe.example.com,netbios-dg      192.168.0.255,netbios-dg          udp           2422          178        
    dev613.example.com,netbios-dg     192.168.0.255,netbios-dg          udp           1471          199        
    dell2.sms.example.com,netbios-dg  192.168.0.255,netbios-dg          udp           1309          228        
    b456.example.com,1211             a123.example.com,ssh              tcp           756           20         
    mail.example.com,domain           a123.example.com,32792            udp           496           44         
    00:b0:d0:2d:**:**                 broadcast                         arp           480           59
    192.168.0.137,netbios-dg          192.168.0.255,netbios-dg          udp           432           229        
    mktg.example.com,netbios-dg       192.168.0.255,netbios-dg          udp           430           165        
    00:0f:1f:3b:**:**                 01:80:c2:00:00:00                 stp           420           27
    foo.a.host.example.com,netbios-ns 192.168.0.255,netbios-ns          udp           312           105        
    0*:**:6*:3f:**:**                 broadcast                         arp           300           58
    **:01:*3:**:**:**                 broadcast                         arp           240           234
    **:01:8*:*7:**:**                 broadcast                         arp           240           58
    foo.a.host.example.com,netbios-ns 192.168.0.255,netbios-ns          udp           234           146        
    192.168.***.5,netbios-dg          192.168.0.255,netbios-dg          udp           220                      
    a123.example.com,32792            mail.example.com,domain           udp           289           9          
    192.168.2.***,netbios-dg          192.168.0.255,netbios-dg          udp           215                      
    00:14:22:73:**:**                 broadcast                         arp           212           15
    mail.example.com,domain           a123.example.com,32791            udp           182                      
    mail.example.com,domain           a123.example.com,32790            udp           182                      
    mail.example.com,domain           a123.example.com,32786            udp           179                      
    mail.example.com,domain           a123.example.com,32785            udp           179                      
    mail.example.com,domain           a123.example.com,32787            udp           179                      
    mail.example.com,domain           a123.example.com,32789            udp           176                      
    mail.example.com,domain           a123.example.com,32788            udp           136                      
    b456.example.com,2273             nkabe.example.com,netbios-ss      tcp           133                      
    ===========================================================================================================
    eth0                              92 Flows                          Total:        31K           4155      

参考[コマンドラインオプション]

コマンドラインでのオプションは以下のような感じ(要訳)

# trafshow --help
Usage:
 trafshow [-vpnb] [-a len] [-c conf] [-i ifname] [-s str] [-u port] [-R refresh] [-P purge] [-F file | expr]
Where:
 -v         Print version number, compile-time definitions, and exit
 -p         Don't put the interface(s) into promiscuous mode
 -n         Don't convert numeric values to names
 -b         To place a backflow near to the main stream
 -a len     To aggregate IP addresses using the prefix length
 -c conf    Color config file instead of default /etc/trafshow
 -i ifname  Network interface name; all by default
 -s str     To search & follow for string in the list show
 -u port    UDP port number to listen for Cisco Netflow; default 9995
 -R refresh Set the refresh-period of data show to seconds; default 2 sec
 -P purge   Set the expired data purge-period to seconds; default 10 sec
 -F file    Use file as input for the filter expression
 expr       Filter expression; see tcpdump(1) for syntax

-infra, network, 運用
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

YAMAHA RTX1200でIPsec VPN設定(クライアント接続)ドキュメント1.ルーター編

わりと久々にRTX1200でIPsec VPNを設定したのでメモしました。 今回はPPPoEするルーターとVPNのプロファイルを設定するルーターが別のマシン、 対向側がルーターではなくVPNクライアン …

RTX1200 事前共有キー/pre-shared-key で使用できる文字列について

RTX1200へVPNクライアントソフト(YMS-VPN7)を使用してのIPsec接続のセットアップに際して 共有キーの文字列を乱数で生成してtextで登録し、接続テストをしたところ認証失敗のメッセー …

no image

カーネル負荷テストツール(LTP)

カーネル負荷テストツール(LTP) IBM、SGI、OSDLなどが共同で運営しているLinux Test Project(ltp)の提供するツール を使ってサーバへの負荷テストを行う。 ↑ …

no image

USB接続のHDDをmke2fsでext3にフォーマットしたときのメッセージを確認(tune2fs )

CentOS5.8にて、USB接続の外付けHDDをext3にてフォーマットした際 “ファイルシステムは29回マウントされるか、または180日経過するか、どちらか先に来たら自動でチェックされ …

no image

net-snmp v3設定

自分用メモです。 v3に対応していないアプライアンスもあるので、使い道は限定されますが・・・ なんとなくOverview snmp v1、v2でのコミュニティによる認証をしていたが、 v3はユーザー認 …