harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

infra Juniper network トラブルシュート

[juniper] SRX(JunOS) ルーティング不具合修正(非対称ルートへの対応)

投稿日:2014年3月31日

Last Updated on 2021年7月4日 by かんりにん

 
SSGシリーズからSRX220にリプレイスを行った際に、VPNを経由したリモートオフィスとのLAN通信がうまくいかない事象が起きたので、トラブルシュート。

・社内LANにおいてゲートウェイが複数ある
・リモートオフィスへのルーティングはスタティックルートで設定している
・リモートオフィスとの通信経路は非対称(行きと帰りで違う経路を使う)

という状況でリモートオフィスとの通信ができない状況となってしまった…
SSGの時は問題なかったのに、OSも違うしセキュリティも強化されているのかな、ということで問い合わせたところ
JunOSでは非対称ルート構成はデフォルトで許可されておらず、設定を無効にすれば通信が可能とのこと。なるほど~。
設定箇所はTCPフローに関する部分とのことで、以下に作業ログを。
J-web上では当該の設定項目が無く、作業はすべてCLIからとなります。

非対称ルート構成に関する通信許可設定

1.TCPフローの設定変更

# set security flow tcp-session no-syn-check
# set security flow tcp-session no-sequence-check

2.ids-optionにて設定されているsource-route-option

# delete security screen ids-option untrust-screen ip source-route-option
# commit

 

1)作業前確認:設定状況

– tcp-sessionの設定確認

→デフォルトでは設定なし、syn-checkが有効になっている状態。

– source-route-optionの設定確認

こちらはdデフォルトで設定済みであることを確認。

set security screen ids-option untrust-screen ip source-route-option

※deleteしたのち、設定を戻す場合は
上記の”set~”を再度実施する。
 

2)no-syn-check、およびno-sequence-checkの適用

1.configureモードへ変更

admin@host-A> configure
warning: Clustering enabled; using private edit
warning: uncommitted changes will be discarded on exit
Entering configuration mode

2.no-syn-checkの有効化

{primary:node0}[edit]
admin@host-A# set security flow tcp-session no-syn-check

3.no-sequence-checkの有効化

{primary:node0}[edit]
admin@host-A# set security flow tcp-session no-sequence-check

4.設定適用

admin@host-A# commit
node0:
configuration check succeeds
node1:
commit complete
node0:
commit complete
	
{primary:node0}[edit]

参考:上記の設定変更にて追加されたコンフィグ

– コンフィグ表示

280a281,286
>     flow {
>         tcp-session {
>             no-syn-check;
>             no-sequence-check;
>         }
>     }

– setでの表示
こちらはコマンドから実行した内容がそのまま反映されている。

> set security flow tcp-session no-syn-check
> set security flow tcp-session no-sequence-check

上記の設定追加にて、リモートオフィスとの通信が再開(というか機器を変えてから初めてなので、開通?)。ひとまず解決!
source-route-optionの設定については、今回は変更は行わずに終了。
ただし同様の非対称ルートの構成においては、切り分けのため、設定を無効化してみるのも有効な調査方法であるとのこと。
 
 

 

-infra, Juniper, network, トラブルシュート
-, ,

執筆者:


  1. 和尚 より:

    たまたま見かけましたのでtipsを。
    ご存知であればすいません。

    Screen OSではsyn-chkがデバイス全体設定でした。
    SRXでは特定ポリシーに限定することが可能です。

    [[概要]]
    (1).システムワイドで無効化(この記事のやり方)
    (2).[edit groups]にて、fromゾーン/toゾーン共にワイルドカードのポリシーを作成し
    permitアクション配下でsyn-chkを有効にする。
    (3).上記(2).のポリシーを全体に適用(apply-groups)
    (4).特定のポリシーにおいて、上記(2).のポリシーを適用除外する(apply-groups-except)

    ややっこしいですが、
    ・全体でsyn-chk無効化(1)
    ・syn-chkを有効化する特殊ポリシーをポリシー全体に適用(2)-(3)
    ・特殊ポリシーを適用除外したポリシーで、全体syn-chk無効の部分が効く(4)

    詳細は以下のexample2をご覧下さい。

    ▼[J-Series/SRX] Example: Configuring TCP SYN Check options on a per policy basis
    http://kb.juniper.net/InfoCenter/index?page=content&id=KB21266&actp=search

    • admin より:

      和尚様
      大変参考になりました。有難うございます。
      機会があれば試してみたいと思います!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

オープンソースのWebロードバランサー(に使えるミドルウェア)をいろいろ調べてみる

  お客さんのWebシステムをハウジング環境からAWSへ移行するにあたり、一部のサイトにおいて仕様上ELBを使えない状況になってしまい、代替の方法を考える必要が出てきてしまった… ELB以外でロードバ …

no image

[メモ]rsyslog たくさんのNW機器のsyslogを振り分ける方法

客先にそこそこの数のルーター、スイッチ、APがあるので、syslogサーバーを立てて一括管理しておきたいのだけど、DBに放り込むほどではないのでrsyslogdでまかなうことに。 syslogファシリ …

no image

netscreenのコンフィグバックアップスクリプト(telnet編)

会社のNetscreenのコンフィグを、Linuxサーバー側からtelnetでアクセスしたのち tftpを使ってdailyでバックアップする、やや回りくどいスクリプト。 とりあえずLANなのでteln …

[Windows]NTttcp.exeで帯域を測定してみる

  社内LANにある端末のスループット調査にて、マイクロソフト謹製のNTttcp.exe(ttcpのNT版、という位置づけの様子)を使ってみることに。 普段はiperfのお世話になることが多いが、今回 …

no image

オープンソースでのクラスタリング環境構築/DRBD

オープンソースでのクラスタリング環境構築/DRBD ネットワークに接続されたホスト間でのディスクミラーリング機能を提供。 GNU GPLに準拠。 特徴としては リアルタイムミラーリングでディスク共有 …