harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

infra Juniper network

[Juniper]SRX アプリケーション別のタイムアウト設定

投稿日:2014年1月28日

Last Updated on 2021年7月4日 by かんりにん

 

社内で利用しているアプリケーションのセッションが一定時間操作がない状態で切れてしまうため、回避のため設定を追加。
具体的にはTCPセッションにて、指定したポートの通信タイムアウトを指定する方法。

環境

まずデフォルトのタイムアウト設定を確認したところ、
TCPは30分、UDPで1分という設定がされている様子。

1)プリセットされた設定情報の確認

せっかくなのでpre-definedのアプリケーションに対する設定をちょっと見てみる。

  • rootでログインしてcliモードへ変更
    root@host-A% cli
  • プリセットされた設定の確認
    root@host-A> request pfe execute target fwdd command "show usp app-def tcp"
    SENT: Ukern command: show usp app-def tcp
    GOT:
    GOT: tcp port=0, appl_name=junos-tcp-any, service type=0, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=21, appl_name=junos-ftp, service type=1, alg id=1, timeout=1800
    GOT: tcp port=22, appl_name=junos-ssh, service type=22, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=23, appl_name=junos-telnet, service type=10, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=25, appl_name=junos-smtp, service type=7, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=43, appl_name=junos-whois, service type=46, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=49, appl_name=junos-tacacs, service type=0, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=53, appl_name=junos-dns-tcp, service type=16, alg id=16, timeout=1800
    GOT: tcp port=65, appl_name=junos-tacacs-ds, service type=0, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=70, appl_name=junos-gopher, service type=39, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=79, appl_name=junos-finger, service type=17, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=80, appl_name=junos-http, service type=6, alg id=6, timeout=300
    GOT: tcp port=110, appl_name=junos-pop3, service type=8, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=111, appl_name=junos-sun-rpc-tcp, service type=5, alg id=5, timeout=2400
    GOT: tcp port=113, appl_name=junos-ident, service type=34, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=119, appl_name=junos-nntp, service type=35, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=135, appl_name=junos-ms-rpc-tcp, service type=55, alg id=55, timeout=60
    GOT: tcp port=139, appl_name=junos-smb, service type=21, alg id=0, timeout=1800
    ・・・以下略

    それぞれデフォルト値に設定されているので、変更する場合は以下を参考に。

2)カスタム設定の追加

ということで、今回はpre-definedアプリでなく独自の設定を加えるので
source、destの各ポート設定とタイムアウトを指定して実行。
以下の例では、

  • ポート30003番に対してソースはどこからでも受け付ける設定
  • タイムアウトは6時間に設定。
    として設定。
    ※運用上6時間という長さが適切かどうかは置いといて…
設定実行
root@host-A# set applications application test-policy protocol tcp source-port 0-65535 destination-port 30003-30003 inactivity-timeout 21600
	
{primary:node0}[edit]
root@host-A#

→設定後にcommitを実行して適用。

root@host-A> commit

3)設定の確認

  • cliモードで"show configuration applications"を実行して、カスタム設定を確認。
    root@host-A> show configuration applications
    	application test-policy {
    	    protocol tcp;
    	    source-port 0-65535;
    	    destination-port 30003-30003;
    	    inactivity-timeout 21600;
    	}
    	
    	{primary:node0}
    root@host-A> 

上記で設定追加は終了。あとは対象のアプリにてセッションタイムアウトの状況を確認して、問題なければOK。

 

 

-infra, Juniper, network
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

[nagios]nrpe.cfgのパラメーター一覧

RPM版nrpeでインストールされるnrpe.cfgのパラメーター一覧と説明書き。デフォルトの設定値つき。 結構適当な解釈をしちゃってるかもなので、ご指摘、ツッコミお待ちしておりますw log_fac …

no image

CentOSへWindows7端末からリモートデスクトップする設定をしてみる(xrdp)

客先のシステムにCentOSで監視&シスログサーバーを立てたのだが 他の業務システムはWindows Serverばかりであることと、Linuxになじみがない環境のため 管理者へWindowsに近い操 …

[nagios] nagios plugin downtime_sched(ダウンタイムスケジューラ)

  以前設定した、Recurring scheduleのアップデート版”downtime_sched”のインストール。 前回インストール後に全然アップデートしてなかった。 ちゃ …

[メモ][juniper] SRX(JunOS) FTPS設定追加

  社内から外部のFTPサービスへ接続する際、通常のFTPでは問題ないものの、FTPS(FTP Over SSL/TLS)で接続しようとしたところ、認証が通ったところで応答がなくなり、そのままタイムア …

nagiosgraph/4.グラフ設定例/check_cpu.sh

nagiosgraphへのグラフ設定追加例[check_cpu.sh] † nagios exchangeから取得したcheck_cpu.shの実行結果をnagiosgraphでグラフ化 …