harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

infra サーバー サーバー監視 メモ

超久々にmuninをインストール

投稿日:2012年3月5日

Last Updated on 2021年7月4日 by かんりにん

[pukiwiki]

新規システムを作ったので、それに合わせてかれこれ5~6年ぶり位にmuninのインストールを。
サーバーはCentOS6.*。

*1)rrdtoolのアップデート
デフォルトリポジトリ(base)のrrdtoolは1.3.8、対してmuninで要求されるバージョンは1.4.5。
これはrpmforgeのextraで取得できるが、アップデートの際はbaseを見に行ってしまうため
オプションを追加してrpmforge-extrasのリポジトリを有効、baseを一時的に無効にしてあげ必要がある。

-新規インストールの場合
# yum –enablerepo=rpmforge-extras –disablerepo=base install rrdtool
-アップデートの場合
# yum –enablerepo=rpmforge-extras –disablerepo=base update rrdtool

*2)muninインストール

例によって関連パッケージがうじゃうじゃ。

# yum install munin munin-node

Dependencies Resolved

==============================================================================================================================================================
Package Arch Version Repository Size
==============================================================================================================================================================
Installing:
munin noarch 1.4.6-4.el6.2 epel 122 k
munin-node noarch 1.4.6-4.el6.2 epel 372 k
Installing for dependencies:
munin-common noarch 1.4.6-4.el6.2 epel 68 k
perl-Email-Date-Format noarch 1.002-5.el6 base 16 k
perl-HTML-Template noarch 2.9-10.el6 epel 70 k
perl-Log-Dispatch noarch 2.27-1.el6 epel 71 k
perl-Log-Dispatch-FileRotate noarch 1.19-4.el6 epel 24 k
perl-Log-Log4perl noarch 1.30-1.el6 epel 392 k
perl-MIME-Lite noarch 3.027-2.el6 base 82 k
perl-MIME-Types noarch 1.28-2.el6 base 32 k
perl-Mail-Sender noarch 0.8.16-3.el6 epel 54 k
perl-Mail-Sendmail noarch 0.79-12.el6 epel 28 k
perl-Net-Server noarch 0.99-1.el6.rf rpmforge 171 k
perl-Params-Validate i686 0.92-3.el6 base 75 k
perl-XML-DOM noarch 1.44-7.el6 base 136 k
perl-XML-RegExp noarch 0.03-7.el6 base 9.8 k

Transaction Summary
==============================================================================================================================================================
Install 16 Package(s)

Total download size: 1.7 M
Installed size: 4.1 M
Is this ok [y/N]:

*3)SNMP経由でWindowsサーバーの監視を設定

munin-node-configureを実行して、設定可能かどうかをチェックし、つづけてプラグインに対するシンボリックリンクを作成する。

-参考:お世話になっております!
–Using SNMP plugins
http://munin-monitoring.org/wiki/Using_SNMP_plugins
–Work in progress
http://munin-monitoring.org/wiki/munin-node-configure

**1)/etc/hosts

→ホスト名と対応するIPを設定。
-設定例
  192.168.100.254 HOGEHOGE

**2)/etc/munin/munin.conf
 →対象ホストの設定を記述。

-設定例
 [HOGEHOGE]
address 127.0.0.1 ←監視サーバーのIPを設定(監視対象サーバーのIPではないので注意)
use_node_name no

**3)取得可能リソースのチェック

コマンド”munin-node-configure”を使って、取得可能リソースと対応するプラグインを確認

-書式例
# munin-node-configure –snmp <ホスト名> –snmpversion snmpv<バージョン> –snmpcommunity <コミュニティ名> –suggest
-実行例
# munin-node-configure –snmp HOGEHOGE –snmpversion snmpv1 –snmpcommunity public –suggest

Plugin | Used | Suggestions
—— | —- | ———–
snmp__cpuload | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__df | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__df_ram | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__fc_if_ | no | no
snmp__fc_if_err_ | no | no
snmp__if_ | no | yes (+192.168.100.254/1 +192.168.100.254/2 +192.168.100.254/3)
snmp__if_err_ | no | yes (+192.168.100.254/1 +192.168.100.254/2 +192.168.100.254/3)
snmp__if_multi | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__load | no | no
snmp__memory | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__netapp_diskusage_ | no | no
snmp__netapp_inodeusage_ | no | no
snmp__netstat | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__print_pages | no | no
snmp__print_supplies | no | no
snmp__processes | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__rdp_users | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__sensors_fsc_bx_fan | no | no
snmp__sensors_fsc_bx_temp | no | no
snmp__sensors_fsc_fan | no | no
snmp__sensors_fsc_temp | no | no
snmp__sensors_mbm_fan | no | no
snmp__sensors_mbm_temp | no | no
snmp__sensors_mbm_volt | no | no
snmp__swap | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__uptime | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__users | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__winload | no | yes (+192.168.100.254)
snmp__winmem | no | yes (+192.168.100.254)

上記の出力結果のうち、”Suggestions”でyesのものはステータス取得が可能。

**)シンボリックリンク作成

プラグインへのリンクを作成する場合は、munin-node-configureにオプション”–shell”をつけると作成可能なリンクコマンドが出力される。

# munin-node-configure –shell –snmp HOGEHOGE –snmpversion snmpv1 –snmpcommunity public –suggest
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__cpuload’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_cpuload’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__df’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_df’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__df_ram’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_df_ram’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__if_’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_if_1’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__if_’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_if_2’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__if_’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_if_3’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__if_err_’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_if_err_1’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__if_err_’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_if_err_2’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__if_err_’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_if_err_3’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__if_multi’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_if_multi’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__memory’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_memory’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__netstat’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_netstat’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__processes’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_processes’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__rdp_users’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_rdp_users’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__swap’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_swap’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__uptime’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_uptime’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__users’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_users’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__winload’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_winload’
ln -s ‘/usr/share/munin/plugins/snmp__winmem’ ‘/etc/munin/plugins/snmp_HOGEHOGE_winmem’

上記のコマンドを実行して監視を開始する。

-[手抜き技]
作成するシンボリックリンクが多い場合はテキストに落として、read LINEするなどで。
# munin-node-configure –shell –snmp HOGEHOGE –snmpversion snmpv1 –snmpcommunity public –suggest > /var/tmp/slink.txt
# while read line; do $line ; done < /var/tmp/slink.txt →実行後、/etc/munin/plugins/以下にシンボリックリンクが作成されていることを確認する。 **5)munin-node登録 設定ファイル:/etc/munin/plugin-conf.d/munin-node -設定内容 上記で登録したシンボリックリンク先のプラグインを実行する設定。 シンボリックリンクの"snmp_HOGEHOGE_"以下をアスタリスクで指定してすべて対象にしておく。 そのほか実行時に使用するSNMPのバージョンとコミュニティを指定。 -設定例 [snmp_HOGEHOGE_*] env.version 1 env.community public **6)munin-nodeの再起動  # /etc/init.d/munin-node restart **tip:munin-updateのデバッグモード munin-updateの動作チェック用に。 muninユーザーにsu - してから実施する。 # su - munin --shell=/bin/bash -bash-4.1$ /usr/share/munin/munin-update --nofork --debug [/pukiwiki]  

 

-infra, サーバー, サーバー監視, メモ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

paco“package organizer”のインストール

[pukiwiki]   #topicpath *paco“package organizer”のインストール インストール作業を監視し、make installを実行した際にインストールさ れたファ …

no image

[備忘録]PuTTYの設定情報のエクスポートとインポート

[pukiwiki] 頻度が高いわけではないが、時々やろうとすると忘れてしまうので、メモ書き。 とりわけレジストリのパスを忘れてしまう・・・ **1.レジストリエディタ起動 -”XPの場合 …

YAMAHA RTX1200 VPNアカウント作成手順(PPTP)

前提条件 すでにVPNサービスが稼働している状態でのアカウント追加の手順。 注意事項としては -トンネルバインド数およびIPアドレスプールを一緒に追加する トンネルバインド数、IPアドレスプールの範囲 …

no image

script/曜日の判定(if文とdateオプション)

曜日を判定する勉強用スクリプト。 dateコマンドのオプション”%u”で曜日を数値で出力し、あらかじめ決めた曜日に合致するか否かで メッセージを切り替える。 デフォルト曜日は日 …

apache SSL 秘密鍵ファイルのパスフレーズ解除

[pukiwiki] SSLの運用にて、keyファイル(秘密鍵)のパスフレーズを解除していない場合 apacheのhttpdを再起動する際にパスフレーズの入力を求められる。 -出力例 // # /et …

宅麺