harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

infra nagios サーバー監視 運用

nagios snmp ディスク使用率表示スクリプトのカスタマイズ

投稿日:2011年5月26日

Last Updated on 2021年7月4日 by かんりにん

 
[pukiwiki]

もともとcheck_snmp_storageを使用していたが、nagiosgraphでグラフを出力させるための
perfdataの表示を、nagiosgraph側でパーティション指定を認識できるようカスタマイズする必要があったため、
perlのスクリプトに変更。

check_snmp_storage

check_snmp_storage.pl

**カスタマイズ内容 [#ya8304e8]
perlスクリプト内で表示するperfdataの表示内容を変更しただけ…(汗

***カスタマイズ前 [#m980ed0e]

# ../../libexec/check_snmp_storage.pl -H 192.168.0.128 -C public -f -m ^Swap -T bu -w 20 -c 30 -f
check_snmp_storage.pl :Swap Space: 9MBused/1024MB (1%) (<20MB) : OK | ‘Swap_Space’=9MB;20;30;0;1024

***カスタマイズ後 [#le493eb9]

※変更箇所
・perfdata出力の部分に、nagiographがプラグインの判定を出来るよう
文字列”storage_perf”を設定。←ここは判定できればどのような文字列でもよい。
・マウントポイントとディスク使用率が一緒の文字列になっているが、マウントポイントを
グラフ側に出力できるよう、セミコロンで区切る。
この状態で、マウントポイントを変数として取得し、グラフ内の名称に用いる。

# ./check_snmp_storage.pl -H 192.168.0.128 -C public -f -m ^Swap -T bu -w 20 -c 30 -f
check_snmp_storage.pl :Swap Space: 9MBused/1024MB (1%) (<20MB) : OK | storage_perf=Swap_Space;9MB;20;30;0;1024

**○スクリプト実行時の書式 [#mf78251c]

./check_snmp_storage.pl -H 192.168.0.128 -C public -f -m ^/$ -T pu -w 85 -c 95 -f

./check_snmp_storage.pl -H -C -f -m -T pu(パーセント表示にする) -w 85(%) -c 95(%) -f

**nagiosgraph.log出力内容 [#z7dc868e]

Thu Dec 2 13:32:19 2010 insert.pl debug getdebug(insert, db, Disk Partition Usage /home/backup2)
Thu Dec 2 13:32:19 2010 insert.pl debug processdata data = [
‘1291264304’,
‘db’,
‘Disk Partition Usage /home/backup2’,
‘check_snmp_storage.pl :/home/backup2: 1%used(4675MB/469452MB) (90%) : OK’,
‘storage_perf=/home/backup2;4675MB;422507;455369;0;469452′
];
Thu Dec 2 13:32:19 2010 insert.pl warn perfdata not recognized:
hostname:db
servicedesc:Disk Partition Usage /home/backup2

**設定 [#fdcd6415]

-コマンド定義
command_snmp.conf
# check_snmp_storage
define command{
command_name check_snmp_storage
command_line $USER1$/check_snmp_storage.pl -H $HOSTADDRESS$ -C $USER7$ -f -m $ARG1$ -T $ARG2$ -w $ARG3$ -c $ARG4$
}

-サービス定義
各監視対象ホストのコンフィグに記載。
# Define a service to check the disk space of the root partition
define service {
use local-service,graphed-service ; Name of service template to use
host_name adm
service_description Disk Partition Usage /
check_command check_snmp_storage!^/$!pu!90!97
#notifications_enabled 0
}

-map定義(nagiosgraph用)
nagiosgraphのmapファイルに記載。
# service_description: Disk Partition Usage [SNMP]
# script: check_snmp_storage.pl
# output: check_snmp_storage.pl :/home/backup2: 1%used(4675MB/469452MB) (90%) : OK’,
# perfdata: storage_perf=/home/backup2;4675MB;422507;455369;0;469452
/perfdata:storage_perf=(\S+);(\d+)MB;(\d+);(\d+);(\d+);(\d+)/
and push @s, [ $1,
[ ‘Used’, GAUGE, $2*1048576 ],
[ ‘warning_line’, GAUGE, $3*1048576 ],
[ ‘critical_line’, GAUGE, $4*1048576 ],
[ ‘max’, GAUGE, $6*1048576 ]];

[/pukiwiki]
 

 

-infra, nagios, サーバー監視, 運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

haproxyを試す 2.syslog設定

  ※haproxy RPM版です。 Contents haproxyのログをrsyslogへ出力する場合の設定方法。 ログの書き出しはsyslogファシリティを利用するが、送信方法はrsyslogの …

no image

[メモ]WindowsサーバのフォルダをLinuxサーバーへマウント

[pukiwiki] しばらくsmbを使っていなかったので、いつの間にかsmbmountを使わずとも mountコマンドのオプションでマウントを出来ることを知らなかったw WindowsフォルダのLi …

no image

haproxyを試す 5.コマンドライン操作

  先日のステータス出力を検証した流れで、haproxyのコマンドライン操作について試したことを抜粋。 参考:またまたお世話になっております! Ver1.5 マニュアル 9.2 Unix Socket …

nagiosgraph/1.install

  [pukiwiki] *nagiosgraphインストールログ [#x0215ac2] nagiosgraphの導入ログ。 参考資料:nagiosgraph本家サイト http://nagiosg …

no image

[Juniper]SRX220 コンフィグのバックアップメモ

今回はSRX220Hのコンフィグのバックアップを。 ちょこっとドキュメントを見てみたところ、SSGの時と異なり、SRX側から外部のリモートホストへのtftpが使えないっぽい? もうちょっと詳しく調査し …