harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux infra 運用

lsyncdのエラー修正(監視対象ファイル数の上限値変更)

投稿日:2011年1月18日

Last Updated on 2016年3月3日 by かんりにん

lsyncdでのバックアップファイルの同期がうまくいってないな~、と思って調べたら、カーネルパラメータ”max_user_watches”の上限値を超えたためlsyncdのプロセスがエラー終了した、という話。

参考:有難うございます!!

lsyncdはinotifyというAPIを利用しており、同期のための監視対象ファイルの数はinotify/max_user_watchesの設定値が上限となる、とのこと。

/proc/sys/fs/inotify/max_user_watches

作成可能な監視対象の数の実 UID 単位の上限を指定する。

この値を適正値に変更してあげて(たいていの場合は設定値の増加)、対象ファイルの上限数の超過に対応させることでエラー終了を回避。ということで設定を変更してエラー解消!

-GNU/Linux, infra, 運用
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

インフラ運用の心得:最低限やっておくこと

インフラ運用に最低限やっておくこと † 以下の整備については、呼吸するのと同じくらい当たり前のこととしてやっておくこと。 もちろん必要以上のコストはかけない前提で。 必要と感じたことは都 …

no image

RPMパッケージのJcodeインストール

  [参照サイト] お世話になっています。 http://fedorasrv.com/cpan2rpm.shtml 【インストール手順】 インストールにはcpan2rpmを使用。 ↑ 1)ダ …

no image

postfix + MailScanner

MailScannerインストール † MailScannerを試す。 これでウィルス/スパムを同時にスキャンできる。 【本家サイト】 http://www.fsl.com/mailsc …

nagios​/plugin​/SNMP​/インストール(perl版)

  nagiosプラグイン[snmp]インストール・設定(perl版) † ↑ 1)混合パッケージ † 参考サイト:お世話になっております! http://nag …

[Windows]NTttcp.exeで帯域を測定してみる

  社内LANにある端末のスループット調査にて、マイクロソフト謹製のNTttcp.exe(ttcpのNT版、という位置づけの様子)を使ってみることに。 普段はiperfのお世話になることが多いが、今回 …