harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

command GNU/Linux 備忘録

paco(pacKAGE oRGANIZER)

投稿日:2010年10月3日

概要

アプリケーションをソースからインストールする際に
make install実行時にインストールされるファイルのパスをログ出力する便利ツール。
prefixなどでファイルを配置するディレクトリをカスタマイズする場合など特に重宝する。
またログを元にアンインストールを容易にする。
サーバー環境をソースアーカイブでセットアップすることが多い場合などの管理用に。

インストール手順

GUI環境は無いのでgpacoは無しでインストール

$ wget http://sourceforge.net/projects/paco/files/paco/2.0.8/paco-2.0.8.tar.gz/download
$ tar zxvf paco-2.0.8.tar.gz
$ cd paco-2.0.8
$ ./configure --disable-gpaco
$ make 
$ su -
# make install 

→原則/usr/local以下に配置される。

実行ファイルは/usr/local/bin/以下に。

操作方法

varsion1.*と比較して、よく使用するオプションの指定が少なくなり、操作性が向上した。

1)アプリケーションのインストール

インストールするアプリのディレクトリ内で以下を実行。

# paco -lD make install

2)インストール済みアプリケーションのファイル一覧表示

/var/log/paco以下にインストールログが出力される。
これを確認するだけでOK。

# paco -f <パッケージ名>

3)アプリケーションのアンインストール

ログファイルを元にアンインストールが実施される。

	# paco -r <パッケージ名>

CentOS6.*ではyumリポジトリからざっと入れちゃったので、そもそもソースインストールが不要かと(汗)

-command, GNU/Linux, 備忘録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

メモ:lsコマンドでタイムスタンプの表記を変える

lsコマンドにてタイムスタンプの表記を変える場合は、オプション”-l”との併用で”–time-style”をつけ 各種表記やdateコマンド …

no image

postfixadminでのメールサーバー構築

メールサーバ構築テスト4.postfixadmin † 2006-03-01 会社のメールサーバーの再構築のための検証として、いろいろと。 ↑ 参考サイト † お …

no image

smtp-sink

smtp-sink(テスト環境) † smtpのテストツール。postfixのパッケージに含まれている。 MTA経由でメールやSMTPメッセージを受け取り、そのまま破棄する。 配信数を測 …

[Google Drive] LinuxサーバーにてRcloneインストール&お試し

  LinuxサーバーからGoogle Driveのストレージにファイルの同期をしよう、ということで 数あるGoogle Driveの同期ツールの中から、今回はインストール/環境整備がもっとも手軽で …

no image

ssh 公開鍵認証と公開鍵の登録

  ▼ssh 公開鍵認証と公開鍵の登録 † 作業自体は簡単なんですが ユーザー名やらいろいろこんがらがるので、メモを作成します。 【ローカル側ホスト】サーバへログインしたいクライアント側 …