harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

command GNU/Linux 備忘録

paco(pacKAGE oRGANIZER)

投稿日:2010年10月3日

概要

アプリケーションをソースからインストールする際に
make install実行時にインストールされるファイルのパスをログ出力する便利ツール。
prefixなどでファイルを配置するディレクトリをカスタマイズする場合など特に重宝する。
またログを元にアンインストールを容易にする。
サーバー環境をソースアーカイブでセットアップすることが多い場合などの管理用に。

インストール手順

GUI環境は無いのでgpacoは無しでインストール

$ wget http://sourceforge.net/projects/paco/files/paco/2.0.8/paco-2.0.8.tar.gz/download
$ tar zxvf paco-2.0.8.tar.gz
$ cd paco-2.0.8
$ ./configure --disable-gpaco
$ make 
$ su -
# make install 

→原則/usr/local以下に配置される。

実行ファイルは/usr/local/bin/以下に。

操作方法

varsion1.*と比較して、よく使用するオプションの指定が少なくなり、操作性が向上した。

1)アプリケーションのインストール

インストールするアプリのディレクトリ内で以下を実行。

# paco -lD make install

2)インストール済みアプリケーションのファイル一覧表示

/var/log/paco以下にインストールログが出力される。
これを確認するだけでOK。

# paco -f <パッケージ名>

3)アプリケーションのアンインストール

ログファイルを元にアンインストールが実施される。

	# paco -r <パッケージ名>

CentOS6.*ではyumリポジトリからざっと入れちゃったので、そもそもソースインストールが不要かと(汗)

-command, GNU/Linux, 備忘録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

MailScannerインストール

MailScannerインストール ダウンロードとインストール 初期設定 postfix mailscanner 起動 動作確認 カスタマイズ スキャン時のメール送信設定 運用 メール通知 ログの出力 …

[AWS] EC2 HVMタイプを使う時のファイルシステム周りの作業2(swap追加)

さしあたりAWSだから、t2インスタンスだから、というわけでは全くないけどメモ。 t2インスタンスは、もともとスワップ領域がないインスタンスタイプのため、スワップが必要な場合は、EBSを追加してmks …

no image

USB接続のHDDをmke2fsでext3にフォーマットしたときのメッセージを確認(tune2fs )

CentOS5.8にて、USB接続の外付けHDDをext3にてフォーマットした際 “ファイルシステムは29回マウントされるか、または180日経過するか、どちらか先に来たら自動でチェックされ …

nagiosgraph​/メモ:nagiosグラフで出力されるレポートについて

nagiosグラフで出力されるレポートについて 1)自動で出力されるグラフについて 2)グラフの拡大・縮小について 3)pnp4nagiosとの違いについて nagiosグラフで出力されるレポートにつ …

no image

メモ:lsコマンドでタイムスタンプの表記を変える

lsコマンドにてタイムスタンプの表記を変える場合は、オプション”-l”との併用で”–time-style”をつけ 各種表記やdateコマンド …