harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

command GNU/Linux 備忘録

paco(pacKAGE oRGANIZER)

投稿日:2010年10月3日

概要

アプリケーションをソースからインストールする際に
make install実行時にインストールされるファイルのパスをログ出力する便利ツール。
prefixなどでファイルを配置するディレクトリをカスタマイズする場合など特に重宝する。
またログを元にアンインストールを容易にする。
サーバー環境をソースアーカイブでセットアップすることが多い場合などの管理用に。

インストール手順

GUI環境は無いのでgpacoは無しでインストール

$ wget http://sourceforge.net/projects/paco/files/paco/2.0.8/paco-2.0.8.tar.gz/download
$ tar zxvf paco-2.0.8.tar.gz
$ cd paco-2.0.8
$ ./configure --disable-gpaco
$ make 
$ su -
# make install 

→原則/usr/local以下に配置される。

実行ファイルは/usr/local/bin/以下に。

操作方法

varsion1.*と比較して、よく使用するオプションの指定が少なくなり、操作性が向上した。

1)アプリケーションのインストール

インストールするアプリのディレクトリ内で以下を実行。

# paco -lD make install

2)インストール済みアプリケーションのファイル一覧表示

/var/log/paco以下にインストールログが出力される。
これを確認するだけでOK。

# paco -f <パッケージ名>

3)アプリケーションのアンインストール

ログファイルを元にアンインストールが実施される。

	# paco -r <パッケージ名>

CentOS6.*ではyumリポジトリからざっと入れちゃったので、そもそもソースインストールが不要かと(汗)

-command, GNU/Linux, 備忘録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

クラスタリング/heartbeat

クラスタリング/heartbeat 参考サイト 構成ファイルとバージョン 作業ログ 1)ダウンロードとインストール libnet heartbeat heartbeat-ldirectord 2)構成 …

nagios​/plugin​/SNMP​/インストール(perl版)

&topicpath; nagiosプラグイン[snmp]インストール・設定(perl版) 1)混合パッケージ 上記サイトで配布されているプラグイン 2)check_snmp_cpu.pl イ …

no image

postfix SMTP-auth + TLSの実装

▼smtp-auth + TLSの実装 †  2004/12/28  別項で記載したUNIXパスワードでのsmtp-auth実装に  暗号化を強化するためpostfixにTLSを追加して …

nagiosgraph​/4.グラフ設定例​/check_mem_pl

&topicpath; nagiosgraphへのグラフ設定追加例[check_mem.pl] 1)コマンド実行結果を確認 2)ログ出力を確認 3)map定義を作成/編集 4)書式チェック n …

no image

サーバー構築をする時のミクロな悩み:環境変数

※RedHat、CentOSでのbash環境での話です。 サーバー構築をする時、定石として一番悩ましいのが”環境変数をどこに明示するか?”なのですが いろいろ悩んだ末の結論とし …