harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

command メモ 備忘録 運用

[rsync]タイムスタンプについてメモ

投稿日:2009年5月2日

Last Updated on 2020年6月27日 by かんりにん

同期元ホストのディレクトリのタイムスタンプ(last update)を同期先で合わせる場合のちょっとしたメモ。
rsyncを実行するホストがデータの同期元か同期先(バックアップ先)かでオプションが変わる。

1)同期元ホスト→同期先ホスト

同期先のタイムスタンプがrsync実行時の時間にアップデートされていたので
あれ?と思ってman rsyncしたら、そのままでは同期元のディレクトリのタイムスタンプを引き継がないとのことなので、オプション”-t”をつけてrsyncを実行。
普段の運用で本番機からバックアップ機に向けてのrsyncを行うことは無かったので、いままで知らなかった…orz

ファイル転送が終了した時点で更新元のタイムスタンプに置換される
(同期中は転送時点でのタイムスタンプとなっているので、終了後に確認すること)。
ちなみにオプション”-a(アーカイブ)”にも”-t”オプションの実行が含まれるので、-aを追加してもOK

書式

 $ rsync -tvz -e ssh [ローカルの同期元ディレクトリ] user@***.***.***.***:[同期先ディレクトリ]

または

  $ rsync -avz -e ssh [ローカルの同期元ディレクトリ] user@***.***.***.***:[同期先ディレクトリ]
ショボいけど、一応イメージ…
                   オプション"t"をつける!
       ┌──────┐              ┌──────┐
       │            │              │            │
       │            │ コマンド実行 │            │
       │  同期元srv │ →→→→→→ │  同期先srv │
       │            │ ファイル転送 │            │
       │            │              │            │
       └──────┘              └──────┘

2)同期先ホスト→同期元ホストの場合

自分が日常的な作業をしたりバッチジョブを作るときは、大抵こちらのパターン(同期先→同期元)。

書式

 $ rsync -avz -e ssh user@***.***.***.***:[同期元ディレクトリ] [ローカルの同期先ディレクトリ]
またまたショボいけど、イメージ…
               オプション"t"無しで同期OK!
       ┌──────┐              ┌──────┐
       │            │ コマンド実行 │            │
       │            │ ←←←←←← │            │
       │  同期元srv │              │  同期先srv │
       │            │ →→→→→→ │            │
       │            │ ファイル転送 │            │
       └──────┘              └──────┘

-command, メモ, 備忘録, 運用

執筆者:


  1. omote より:

    -a スイッチには -t も含まれていますよ(^^
    以下manの抜粋
    > -a, –archive archive mode; equals -rlptgoD (no -H,-A,-X)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

openssh6.1 ソースからのインストール

元々CentOSに入っているopensshから、最新版の機能を試したいので、現在借りているさくらのVPSにソースからインストールをしてみることに。 make installするタイミングで一旦RPM版 …

[AWS]EC2インスタンスにS3をマウントしてみる(s3fs)

EC2インスタンスにS3のバケットをファイルシステムとしてマウントし、ファイル転送などを試してみる。 実際に使ってみた感じではmountコマンドと同様に利用でき、扱いやすそう。 -参考ページ:お世話に …

nagios​/plugin​/SNMP​/mem監視

  [pukiwiki] *snmpでのメモリ監視(物理メモリ、仮想メモリ) [#h1ad6570] メモリの監視用プラグインは軒並みRAMとSwapのステータスを同時に取得するタイプばかりで RAM …

no image

lsyncdのエラー修正(監視対象ファイル数の上限値変更)

lsyncdでのバックアップファイルの同期がうまくいってないな~、と思って調べたら、カーネルパラメータ”max_user_watches”の上限値を超えたためlsyncdのプロ …

no image

Open Jtalkを入れてみたのでインストール・環境設定をメモ書き

会社の開発チームから、”音声合成ツールのOpen Jtalkを試したいので、開発サーバーに入れといてくださ~い”との依頼を受けたので、ひとまず動かせるところまでざざっと調べてイ …