harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

bash GNU/Linux infra

サーバ運用でよく使うスクリプト(netstat)

投稿日:2008年5月17日

最近ご無沙汰なのでシェルの書式を忘れてきた…ということで自分用に備忘録。

– netstatでステータスが”ESTABLISHED”のセッションを一覧表示し、1秒更新。毎回実行結果をクリアしとく。

 $ while true ; do netstat -t | grep ESTABLISHED ; sleep 1 ; clear ; done

– おなじく指定したプロセスの数を取得、1秒おきに更新。こちらはクリアしない。

 $ while true ; do ps -aef | grep httpd | wc -l ; sleep 1 ; done



-bash, GNU/Linux, infra
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

USB接続のHDDをmke2fsでext3にフォーマットしたときのメッセージを確認(tune2fs )

CentOS5.8にて、USB接続の外付けHDDをext3にてフォーマットした際 “ファイルシステムは29回マウントされるか、または180日経過するか、どちらか先に来たら自動でチェックされ …

no image

CentOSにwmiクライアントを入れてみる

何気にLINUX PACKAGE SEARCHでwmi(Windows Management Instrumentation)の RPMパッケージが紹介されていたので、空き時間に入れて試してみる。難易 …

no image

haproxyを試す 2.syslog設定

  ※haproxy RPM版です。 Contents1)UDPで送る場合(syslogファシリティ使用)1-1. haproxy側の設定1-2. rsyslog側の設定1.UDP514番ポートでの待 …

no image

time(シェルコマンド)

いわゆるtimeコマンド。 コマンドの実行時間を計測する。 nagiosプラグインの動作検証にて、コンパイルしたプラグインとperl版のプラグインの 実行速度の比較によく使うので、メモっとく。 あとp …

nagios​/plugin​/SNMP​/mem監視

  snmpでのメモリ監視(物理メモリ、仮想メモリ) † メモリの監視用プラグインは軒並みRAMとSwapのステータスを同時に取得するタイプばかりで RAMとSwapの分離監視が出来ない …