harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

bash GNU/Linux 備忘録

[自分メモ]Linux/BSD tarで固めたファイルの伸長サイズを確認

投稿日:

Last Updated on 2015年9月2日 by かんりにん

たま~に必要になるけど、すぐ忘れちゃうのでメモ。
tar で固めたファイルを展開せずに、実際のサイズを確認したいときは
オプションtfに”-v(verpose)”をつければ確認可能。
このとき元ファイルのファイル名とサイズが”ls -l”実行時と同じ形式で表示される。

# tar tvf hogehoge.tgz
-rw------- 0 root wheel 123456789 Sep 2 04:51 hogehoge.file

-bash, GNU/Linux, 備忘録
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

CentOSにwmiクライアントを入れてみる

何気にLINUX PACKAGE SEARCHでwmi(Windows Management Instrumentation)の RPMパッケージが紹介されていたので、空き時間に入れて試してみる。難易 …

no image

クラスタリング/heartbeat

クラスタリング/heartbeat † 2台のホスト間でのクラスタリングを構成する。以下のような機能を提供する。 フェイルオーバ機能 2つのノードでアクティブ/スタンバイ構成とし、 フェ …

no image

net2ftp

Webを使ってFTPアップロードができるツール。 MACserverのベースになっているとのことで、Windows/Mac間で文字化け回避を前提に ファイル共有する環境をセットアップ。 開発元、ダウン …

nagios​/plugin​/nagios exchange[メモ]

  nagiosプラグイン[nagios exchenge] † nagiosのnagios-pluginパッケージに含まれていないアドオンで 必要と思われるものをピックアップ。 おもに …

no image

opensshにてfingerprint確認を省略する設定

サーバー構築中によくある手間として、初めてsshでアクセスするホストから fingerprintの確認ダイアログが出てきてyesする手間があるが、この手間を省略するのに なんかオプションはあるのか探っ …