harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

infra 仮想化

VMware Management Interface インストール

投稿日:2006年9月20日

▼VMware Management Interface インストール

2006/09/20

VMware server console のほか、ブラウザからステータス情報の表示や
設定、ゲスト の起動/停止ができるManagement Interfaceをインストール。

1)ダウンロードと展開

# cd /usr/local/src
# wget http://download3.vmware.com/software/vmserver/VMware-mui-1.0.1-29996.tar.gz
# tar -zxvf VMware-mui-1.0.1-29996.tar.gz  

2)インストール

インストールはスクリプトを実行すると、ウィザード形式で
進めるので楽チン。
※最初にライセンス承諾の可否のメッセージが出るので
一通り確認したらyesを入力。

# cd vmware-mui-distrib/
# ./vmware-install.pl 
Creating a new installer database using the tar3 format. 

You must read and accept the End User License Agreement to continue.
Press enter to display it. 

VMWARE MASTER END USER LICENSE AGREEMENT

NOTICE:  BY DOWNLOADING AND INSTALLING, 
COPYING OR OTHERWISE USING THE SOFTWARE, YOU 
AGREE TO BE BOUND BY THE TERMS OF THIS EULA.  

--- 中略 ---

please send a request to 
VMware_server_distribution@vmware.com and we 
will provide you with a copy of our 
distribution agreement for your signature.   

Do you accept? (yes/no) yes			←yesを入力

Thank you.

Installing the content of the package.

In which directory do you want to install the binary files? 
[/usr/bin]                                    ←バイナリのインストール先。そのままEnter

What is the directory that contains the init directories (rc0.d/ to rc6.d/)? 
[/etc/rc.d]                                   ←initスクリプトのベースディレクトリ指定。Enterで。

What is the directory that contains the init scripts? 
[/etc/rc.d/init.d]                            ←initスクリプトの設置ディレクトリ指定。Enterで。

In which directory do you want to install the VMware Management Interface 
files? [/usr/lib/vmware-mui]                  ←VMIのインストール先。Enterで。

The path "/usr/lib/vmware-mui" does not exist currently. This program is going 
to create it, including needed parent directories. Is this what you want? 
[yes]                                         ←ディレクトリの新規作成の可否。Enterで。

In which directory would you like to install the documentation files? 
[/usr/lib/vmware-mui/doc]                     ←ドキュメントファイルのインストール先。Enterで。

The path "/usr/lib/vmware-mui/doc" does not exist currently. This program is 
going to create it, including needed parent directories. Is this what you want?
[yes]                                         ←ディレクトリの新規作成の可否。Enterで。

The installation of VMware Management Interface 1.0.1 build-29996 for Linux 
completed successfully. You can decide to remove this software from your system
at any time by invoking the following command: 
"/usr/bin/vmware-uninstall-mui.pl".           ←アンインストール用スクリプトの設置。

Before running VMware Management Interface for the first time, you need to 
configure it by invoking the following command: 
"/usr/bin/vmware-config-mui.pl". Do you want this program to invoke the command
for you now? [yes]                            ←

Configuring httpd.conf to run Apache as: 
User: nobody and Group: nobody                ←VMI用apacheの実行ユーザーの指定。Enter。

Set the number of minutes before a http session times out. (This is the length 
of time before someone connecting to VMware Management Interface will be logged
out) [60]                                     ←ブラウザのセッションタイムアウト指定。Enterで。
                                                ここまで設定すると、インストール完了。
Generating SSL Server Certificate

   Starting httpd.vmware:                                  [  OK  ]
The configuration of VMware Management Interface completed successfully.

# 

インストール終了と同時にデーモンが起動される。

2)ログインして動作確認

  インストールが完了したら、ブラウザからログインし、動作確認。
  ポップアップブロックが有効になっている場合、一時的に
  無効にしておくこと。

  https://localhost:8222/

comment








-infra, 仮想化

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

[Juniper]SRX アプリケーション別のタイムアウト設定

  社内で利用しているアプリケーションのセッションが一定時間操作がない状態で切れてしまうため、回避のため設定を追加。 具体的にはTCPセッションにて、指定したポートの通信タイムアウトを指定する方法。 …

nagiosgraph​/3.グラフ設定追加

  nagiosgraphへのグラフ設定追加 † nagiosgraphは監視対象のホストにプラグインを追加すると、プロセス再起動時に認識し 追加したプラグインのステータスを取得し、ログ …

no image

haproxyを試す 1.インストールから簡易設定まで

  haproxy コミュニティ版の設定、動作検証を。 先日のここからの流れで、クライアント先のWebサービスへ導入するための検証の一環です。 ざっとマニュアルを確認した限りでも、ラウンドロビンだけで …

no image

postfix SMTP-auth実装ログ

2004/12/27 2005/01/06 ▼smtp-AUTH実装ログ †  (UNIXパスワードをメールパスワードとする場合)   本番環境への実装が完了したので、インストール時の作 …

no image

haproxyを試す 3.SSLリバースプロキシを設定してみる

  HAProxyにてSSLリバースプロキシを設定してみるテスト。 設定環境はAWS EC2にてRightImageのCentOS6を使用しました。 HTTP/80については設定済みとなっている前提で …