harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux infra nagios 運用

nagiosgraph/4.グラフ設定例/check_cpu.sh

投稿日:2010年11月25日

&topicpath;

nagiosgraphへのグラフ設定追加例[check_cpu.sh]

nagios exchangeから取得したcheck_cpu.shの実行結果をnagiosgraphでグラフ化した際の
作業ログ。

1)コマンド実行結果を確認

check_cpu.shはコマンドの実行結果内にoutputとperfdataの両方が出力される
(パイプで区切られた前半がoutput、後半がperfdata)

# ./check_cpu.sh -w 90 -c 95
OK – user: 0.50, nice: 0.50, sys: 4.30, iowait: 0.50, irq: 0.50, softirq: 0.50 idle: 96.69 |
‘user’=0.50 ‘nice’=0.50 ‘sys’=4.30 ‘softirq’=0.50 ‘iowait’=0.50 ‘irq’=0.50 ‘idle’=96.69

2)ログ出力を確認

nagiosgraph.logに、コマンド実行結果が反映される。

‘1290586742’,
‘testhost’,
‘Cpu Usage’,
‘OK – user: 0.50, nice: 0.50, sys: 3.38, iowait: 0.50, irq: 0.50, softirq: 0.50 idle: 97.61’,
‘user=0.50 nice=0.50 sys=3.38 softirq=0.50 iowait=0.50 irq=0.50 idle=97.61’
一番下の行がperfdataで、グラフ出力時のデータとなるので、この値を読み出しできるようmapファイルを編集する。

3)map定義を作成/編集

ファイル:/usr/local/nagios/etc/nagiosgraph/map

コメントアウト部分に、プラグインの実行結果の出力をサンプルとして記述しておくとgood。

# 2010-11-24 exchange plugin

# Service type: unix-cpu

# OK – user: 0.50, nice: 0.50, sys: 3.38, iowait: 0.50, irq: 0.50, softirq: 0.50 idle: 97.61′

# user=0.50 nice=0.50 sys=3.38 softirq=0.50 iowait=0.50 irq=0.50 idle=97.61
/perfdata:user=([.\d]+) nice=([.\d]+) sys=([.\d]+) softirq=([.\d]+) iowait= ([.\d]+) irq=([.\d]+) idle=([.\d]+)/
and push @s, [ ‘cpu’,
[ ‘user’, GAUGE, $1 ],
[ ‘nice’, GAUGE, $2 ],
[ ‘sys’, GAUGE, $3 ],
[ ‘softirq’, GAUGE, $4 ],
[ ‘iowait’, GAUGE, $5 ],
[ ‘irq’, GAUGE, $6 ],
[ ‘idle’, GAUGE, $7 ] ];

4)書式チェック

mapファイル編集後、perlの書式チェックをしておく。

# perl -c map
map syntax OK

5)nagios再起動

# /usr/local/nagios/bin/nagios -v /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg

# /etc/init.d/nagios restart

6)ログチェック

nagiosgraph.logをtail -fしてinsert.plの出力メッセージを確認。
"insert.pl debug insert.pl processing complete"と出力され、グラフの出力が確認できればOK。

Wed Nov 24 19:29:38 2010 insert.pl debug createrrd(testhost, Cpu Usage, 1290594541, cpu)
Wed Nov 24 19:29:38 2010 insert.pl debug createrrd checking /var/nagios/rrd/testhost/Cpu%20Usage___cpu.rrd
Wed Nov 24 19:29:38 2010 insert.pl debug createrrd resolutions: 600 700 775 797
Wed Nov 24 19:29:38 2010 insert.pl debug createrrd heartbeat: 600
Wed Nov 24 19:29:38 2010 insert.pl debug createrrd step: 300
Wed Nov 24 19:29:38 2010 insert.pl debug labels->[0] = [
‘user’,
‘GAUGE’,
‘0.50’
];
Wed Nov 24 19:29:38 2010 insert.pl debug labels->[1] = [
‘nice’,
‘GAUGE’,
‘0.50’
];
Wed Nov 24 19:29:38 2010 insert.pl debug labels->[2] = [
‘sys’,

"insert.pl warn perfdata not recognized:"と出力されている場合は
グラフ作成に失敗しているので、プラグインの出力内容にあるperfdataの書式と
mapに記述した内容を確認して、都度修正すること。

Nagios統合監視[実践]リファレンス (Software Design plus)
株式会社エクストランス 佐藤 省吾 Team-Nagios
技術評論社
売り上げランキング: 398,071
Nagios Core Administration Cookbook
Packt Publishing (2013-01-25)

-GNU/Linux, infra, nagios, 運用
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

[AWS]s3-tools(s3cmd)のインストールと検証

EC2上のDB→S3バケットへのダンプファイルの転送にて、s3fs以外のものでも試してみよう、ということで 今日はs3-toolsのテストを。 インスタンスはAmazon Linux AMI、ラージイ …

[Google Drive] LinuxサーバーにてRcloneインストール&お試し

LinuxサーバーからGoogle Driveのストレージにファイルの同期をしよう、ということで 数あるGoogle Driveの同期ツールの中から、今回はインストール/環境整備がもっとも手軽で かつ …

no image

paco“package organizer”のインストール

paco“package organizer”のインストール 1)ダウンロードと展開 2)コンパイルとインストール 3)設定 4)使用方法 ▼make install実行時にファイルに保存する ▼イン …

[CentOS7] user.slice 由来で出力される大量のログを抑制する

  社内のバッチ用途で、久々にオンプレのサーバにCentOS7を入れてセットアップをしていたら/var/log/messagesにuser.sliceのメッセージが短時間で大量に出ていた。 ここんとこ …

nagios​/plugin​/SNMP​/インストール(コンパイル版)

&topicpath; nagiosプラグインの環境セットアップ(コンパイル版) 配置されるプラグイン インストール プラグイン動作確認 5)書式確認および再起動 nagios動作確認 nag …