harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux サーバー監視 運用

ZABBIXインストール(1.1alpha7)

投稿日:2005年9月26日

動作条件

  • Apache >= 1.3.12
  • MySQL (or PostgreSQL) >= 3.22 (7.0.2)
  • PHP >= 4.0 (Apacheモジュールとしてコンパイルされている必要あり)
  • PHP GD Module >= 2.0
  • PHP MySQL or PostgreSQL Module
  • NET-SNMP (or UCD-SNMP) (SNMPをサポートする場合に必要。オプショナル)
  • OpenSSL (SNMPをサポートする場合に必要。オプショナル)

ソースのダウンロード&展開

1.1がまだアルファ版であるため、参考程度に。

# cd /usr/local/src
# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/zabbix/zabbix-1.1alpha7.tar.gz
# tar zxvf zabbix-1.1alpha7.tar.gz

Zabbix専用アカウントの作成

  • ログイン権限は付与しない(以下のどちらかを実行)
    # useradd -s /sbin/nologin zabbix     ←RedHat(>=7.0)の場合
    # useradd -s /bin/false zabbix     ←RedHat系以外とRedHat6.xの場合

MySQLの設定

  • ZabbixデータベースとZabbix専用MySQLアカウントを作成
    # mysql -u root -p <password>     ←管理ユーザでログイン
    mysql> create database zabbix;
    mysql> grant all privileges on zabbix.* to [email protected] identified by '<password>';
    mysql> flush privileges;
    mysql> quit;
  • zabbixデータベース内に必要なテーブルを作成
    # cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/create/mysql
    # cat schema.sql | mysql -u zabbix -p <password> zabbix     ←作成したZabbix専用MySQLアカウントを使用
    # cd ../data
    # cat data.sql | mysql -u zabbix -p <password> zabbix     ←作成したZabbix専用MySQLアカウントを使用
  • MAP用のアイコンをデータベースに登録

    images.sql内に記述されている画像ファイルへのパスを変更しておくこと

    # cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/create/data/images.sql
    # cat images.sql |mysql -u root -p <password> zabbix     ←管理ユーザーを使用

コンパイル

  • Configure
    # cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7
    # ./configure --with-mysql=/usr/local/mysql --with-ucd-snmp

    Checkがずらずらと出てくるが、最終的に以下の表示が出ればOK

    ************************************
    *                   Now run 'make'                   *
    *                                                            *
    *            Thank you for using Zabbix!          *
    *              <http://www.zabbix.com>           *
    ************************************
  • make
    # make

インストール

  • インストールディレクトリ
    • /usr/local/zabbix/bin

      /usr/local/src/binディレクトリ内に作成された実行ファイルを、インストール先に
      コピーする

      # mkdir -p /usr/loca/zabbix/bin
      # cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/bin
      # cp zabbix_agentd zabbix_server /usr/local/zabbix/bin

Webインターフェース用ファイルの設定

/usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/frontends/php/以下のファイルがWebインター
フェース用のファイルである。

  • ファイルのコピー

    Apacheのドキュメントルート以下にコピー

    # mkdir /var/www/zabbix
    # cp -a /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/frontend/php/* /var/www/zabbix
  • 設定の変更

    /var/www/zabbix/include/db.inc.phpファイルを設定

    $DB_TYPE        ="MYSQL";
    $DB_SERVER      ="localhost";
    $DB_DATABASE    ="zabbix";     ←Zabbix用MySQLデータベース名
    $DB_USER        ="zabbix";     ←Zabbix用MySQLアカウント名
    $DB_PASSWORD    ="<password>";     ←Zabbix用MySQLパスワード

設定ファイルの作成

/usr/loca/src/zabbix-1.1alpha7/misc/conf以下に設定ファイルのサンプルがあるので、
必要なものを/etc/zabbixにコピーする

# mkdir /etc/zabbix
# cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/misc/conf
# cp -a zabbix_agentd.conf zabbix_server.conf zabbix

コピーした設定ファイルを開き、それぞれ必要な個所を設定変更する。

  • zabbix_server.conf
    • DBName=」、「DBUser=」、「DBPassword=」などは設定変更が必要
    • Timeout=30
    • Logfile=/var/log/zabbix/zabbix_server.log
  • zabbix_agentd.conf
    • Server=の項目に指定したIPアドレスからのみ、情報の収集を受け付ける
    • Timeout=25
    • Logfile=/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log

ログファイルディレクトリの作成

# mkdir /var/log/zabbix
# chown zabbix.zabbix /var/log/zabbix

起動スクリプトの作成

サーバが起動した時に、自動でZabbixが起動するようにinit周りの設定を追加する。サンプルが用意されている。

  • zabbix_server用の起動スクリプトは、zabbix_sucker用起動スクリプトを編集する
  • 各ファイルのプログラムパス指定がprogdir="/usr/local/zabbix/bin/"となっている
    ことを確認しておく。

    # cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/misc/init.d/redhat/8.0
    # cp -a zabbix_agentd zabbix_suckerd /etc/init.d/
    # cd /etc/init.d
    # mv zabbix_suckerd zabbix_server
    # vi zabbix_server     ←zabbix_server用に編集
    # chmod 755 zabbix_agentd zabbix_suckerd
    # cd /etc/rc3.d
    # ln -s ../init.d/zabbix_agentd ./S99zabbix_agentd
    # ln -s ../init.d/zabbix_server ./S99zabbix_server

起動

# /etc/init.d/zabbix_agentd start
# /etc/init.d/zabbix_server start

-GNU/Linux, サーバー監視, 運用
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

[メモ]phpmyfaqインストール

phpmyadminのインストール(rpm版) † ごく簡単だけど、備忘録として。 # yum install phpmyadmin RPMでインストールした場合、phpmyadminの …

no image

[メモ]zipコマンドでのパスワードつき暗号化圧縮

mysqlからダンプしたファイル"backup.sql"をパスワードつきで圧縮しようとしたところ、 普段使っているtar、gzip、bzip2ではパスワードを付けた圧縮ができなかっ …

no image

CentOS4

CentOS4.* 自宅サーバをRedHat9からCentOS4へリプレースしました。 CentOS4.*でのサーバー構築ドキュメントやノウハウなどを 箇条書きでざっくりまとめていきます。 ※こちらは …

[ただのメモ] Amazon_Linux_yumでのupdate不具合を解消

09/01にAmazon LinuxにてGitのアップデートがリリースされたのでyum updateしようとしたら、”No packages marked for update&#8221 …

nagiosgraph/4.グラフ設定例/check_cpu.sh

&topicpath; nagiosgraphへのグラフ設定追加例[check_cpu.sh] 1)コマンド実行結果を確認 2)ログ出力を確認 3)map定義を作成/編集 4)書式チェック 5 …