harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux サーバー監視 運用

ZABBIXインストール(1.1alpha7)

投稿日:2005年9月26日

Last Updated on 2022年3月13日 by かんりにん

[pukiwiki]
 
**動作条件 [#l90318ac]

-Apache >= 1.3.12
-MySQL (or PostgreSQL) >= 3.22 (7.0.2)
-PHP >= 4.0 (Apacheモジュールとしてコンパイルされている必要あり)
-PHP GD Module >= 2.0
-PHP MySQL or PostgreSQL Module
-NET-SNMP (or UCD-SNMP) (SNMPをサポートする場合に必要。オプショナル)
-OpenSSL (SNMPをサポートする場合に必要。オプショナル)

**ソースのダウンロード&展開 [#k0674fb8]
1.1がまだアルファ版であるため、参考程度に。
-本体ファイル
–http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/zabbix/zabbix-1.1alpha7.tar.gz
-ソースの一時保存先ディレクトリ
–/usr/local/src

# cd /usr/local/src
# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/zabbix/zabbix-1.1alpha7.tar.gz
# tar zxvf zabbix-1.1alpha7.tar.gz

**Zabbix専用アカウントの作成 [#g2c4e29d]
-ログイン権限は付与しない(以下のどちらかを実行)
# useradd -s /sbin/nologin zabbix ←RedHat(>=7.0)の場合
# useradd -s /bin/false zabbix ←RedHat系以外とRedHat6.xの場合

**MySQLの設定 [#h6c6053d]

-ZabbixデータベースとZabbix専用MySQLアカウントを作成
# mysql -u root -p ←管理ユーザでログイン
mysql> create database zabbix;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by ‘‘;
mysql> flush privileges;
mysql> quit;

-zabbixデータベース内に必要なテーブルを作成
# cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/create/mysql
# cat schema.sql | mysql -u zabbix -p zabbix ←作成したZabbix専用MySQLアカウントを使用
# cd ../data
# cat data.sql | mysql -u zabbix -p zabbix ←作成したZabbix専用MySQLアカウントを使用

-MAP用のアイコンをデータベースに登録&br;
images.sql内に記述されている画像ファイルへのパスを変更しておくこと
# cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/create/data/images.sql
# cat images.sql |mysql -u root -p zabbix ←管理ユーザーを使用

**コンパイル [#x6ac09c5]
-Configure
# cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7
# ./configure –with-mysql=/usr/local/mysql –with-ucd-snmp
Checkがずらずらと出てくるが、最終的に以下の表示が出ればOK
************************************
* Now run ‘make’ *
* *
* Thank you for using Zabbix! *
* *
************************************

-make
# make

**インストール [#ce2caec6]
-インストールディレクトリ
–/usr/local/zabbix/bin&br;
/usr/local/src/binディレクトリ内に作成された実行ファイルを、インストール先に
コピーする
# mkdir -p /usr/loca/zabbix/bin
# cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/bin
# cp zabbix_agentd zabbix_server /usr/local/zabbix/bin

**Webインターフェース用ファイルの設定 [#kfea981d]
/usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/frontends/php/以下のファイルがWebインター
フェース用のファイルである。

-ファイルのコピー&br;
Apacheのドキュメントルート以下にコピー
# mkdir /var/www/zabbix
# cp -a /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/frontend/php/* /var/www/zabbix

-設定の変更&br;
/var/www/zabbix/include/db.inc.phpファイルを設定
$DB_TYPE =”MYSQL”;
$DB_SERVER =”localhost”;
$DB_DATABASE =”zabbix”; ←Zabbix用MySQLデータベース名
$DB_USER =”zabbix”; ←Zabbix用MySQLアカウント名
$DB_PASSWORD =”“; ←Zabbix用MySQLパスワード

**設定ファイルの作成 [#z5d4ba6e]
/usr/loca/src/zabbix-1.1alpha7/misc/conf以下に設定ファイルのサンプルがあるので、
必要なものを/etc/zabbixにコピーする
# mkdir /etc/zabbix
# cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/misc/conf
# cp -a zabbix_agentd.conf zabbix_server.conf zabbix
コピーした設定ファイルを開き、それぞれ必要な個所を設定変更する。
-zabbix_server.conf
–「”DBName=”」、「”DBUser=”」、「”DBPassword=”」などは設定変更が必要
–”Timeout=30”
–”Logfile=/var/log/zabbix/zabbix_server.log”
-zabbix_agentd.conf
–”Server=”の項目に指定したIPアドレスからのみ、情報の収集を受け付ける
–”Timeout=25”
–”Logfile=/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log”

**ログファイルディレクトリの作成 [#b752ea61]
# mkdir /var/log/zabbix
# chown zabbix.zabbix /var/log/zabbix

**起動スクリプトの作成 [#xc29fea8]
サーバが起動した時に、自動でZabbixが起動するようにinit周りの設定を追加する。サンプルが用意されている。
-zabbix_server用の起動スクリプトは、zabbix_sucker用起動スクリプトを編集する
-各ファイルのプログラムパス指定がprogdir=”/usr/local/zabbix/bin/”となっている
ことを確認しておく。
# cd /usr/local/src/zabbix-1.1alpha7/misc/init.d/redhat/8.0
# cp -a zabbix_agentd zabbix_suckerd /etc/init.d/
# cd /etc/init.d
# mv zabbix_suckerd zabbix_server
# vi zabbix_server ←zabbix_server用に編集
# chmod 755 zabbix_agentd zabbix_suckerd
# cd /etc/rc3.d
# ln -s ../init.d/zabbix_agentd ./S99zabbix_agentd
# ln -s ../init.d/zabbix_server ./S99zabbix_server

**起動 [#keee146a]
# /etc/init.d/zabbix_agentd start
# /etc/init.d/zabbix_server start

[/pukiwiki]

-GNU/Linux, サーバー監視, 運用
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

[MySQL] ZRM(Zmanda Recovery Manager) Mysql-zrm.conf パラメータ一覧をまとめてみた

ZRMを試すにあたって指定するmysql-zrm.confのパラメータを調べてみたので、そのまとめを。 オプションの一覧と説明の元ソースは、コマンド”mysql-zrm-backup&#8 …

[AWS]s3-tools(s3cmd)のインストールと検証

[pukiwiki] EC2上のDB→S3バケットへのダンプファイルの転送にて、s3fs以外のものでも試してみよう、ということで 今日はs3-toolsのテストを。 インスタンスはAmazon Lin …

RTX1200 事前共有キー/pre-shared-key で使用できる文字列について

  RTX1200へVPNクライアントソフト(YMS-VPN7)を使用してのIPsec接続のセットアップに際して 共有キーの文字列を乱数で生成してtextで登録し、接続テストをしたところ認証失敗のメッ …

no image

備忘録:logrotateのデバッグモード

logrotateのデバッグモード 実際の処理をトレースする。 オプション”-dv”を忘れやすいのでメモ… # logrotate -dv <logrotate.conf …

nagios/引数マクロ(macros)

[pukiwiki] nagiosで設定される引数がどこで定義されているのかをちょっと調べてみた。 システム内で使われる変数はマクロとして扱われる。 (言うなればnagiosの環境変数、的な?ちょっと …

宅麺