harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux サーバー

cron実行ユーザーの制限/cron.allow

投稿日:2006年1月21日

Last Updated on 2014年4月13日 by かんりにん

cron実行ユーザーの制限/cron.allow

要するにcronのアクセス制限。

ファイル名はそれぞれ
cron.allow
cron.deny

デフォルトでは全ユーザーが許可されているのでファイルは存在しない。
必要に応じて作成し、記述する。
ファイルは/etc直下に置く。ルールはhosts.allow/denyと同様だが
優先順位はdeny<allow。

# pwd
/etc
# touch cron.allow
# vi cron.allow
USERNAME
:wq!

-GNU/Linux, サーバー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

RPMパッケージのJcodeインストール

  [参照サイト] お世話になっています。 http://fedorasrv.com/cpan2rpm.shtml 【インストール手順】 インストールにはcpan2rpmを使用。 ↑ 1)ダ …

no image

浮動小数点の計算(zsh)

たまにしかやらないことはすぐに忘れちゃうので、メモです。 浮動小数点(0.2とか、小数点での計算)はbashではできないため、zshを利用。 以下、バックアップデータの増分を計算するスクリプトを作成。 …

no image

postfix SMTP-auth実装ログ

  ▼smtp-AUTH実装ログ †  (UNIXパスワードをメールパスワードとする場合)   本番環境への実装が完了したので、インストール時の作業ログとして   再構成します。 【参照 …

no image

paco“package organizer”のインストール

  paco“package organizer”のインストール インストール作業を監視し、make installを実行した際にインストールさ れたファイルのリストを作成してくれる便利ツール。 ソー …

no image

OpenSSHのMatchディレクティブを利用したアクセスコントロール

OpenSSH4.4以上で利用できるようになったMatch(条件分岐)ディレクティブを使った アクセスコントロールを検証。 参考:お世話になっております! OpenSSH-5.9p1 日本語マニュアル …