harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux サーバー

cron実行ユーザーの制限/cron.allow

投稿日:2006年1月21日

cron実行ユーザーの制限/cron.allow

要するにcronのアクセス制限。

ファイル名はそれぞれ
cron.allow
cron.deny

デフォルトでは全ユーザーが許可されているのでファイルは存在しない。
必要に応じて作成し、記述する。
ファイルは/etc直下に置く。ルールはhosts.allow/denyと同様だが
優先順位はdeny<allow。

# pwd
/etc
# touch cron.allow
# vi cron.allow
USERNAME
:wq!

-GNU/Linux, サーバー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

nagiosgraph​/3.グラフ設定追加

nagiosgraphへのグラフ設定追加 1)nagiosgraph.logからベースとなるフォーマットを確認 2)/usr/local/nagios/etc/nagiosgraph/map設定 3) …

no image

ただのメモ:yumdownloaderでパッケージだけダウンロード

RedHat,CentOS yumリポジトリからパッケージをダウンロードだけしたいが 該当のパッケージがすでにインストール済みの場合、”yum install –downloa …

[CentOS7] user.slice 由来で出力される大量のログを抑制する

  社内のバッチ用途で、久々にオンプレのサーバにCentOS7を入れてセットアップをしていたら/var/log/messagesにuser.sliceのメッセージが短時間で大量に出ていた。 ここんとこ …

[AWS]EC2にてT2インスタンスがリリースされたので試してみた(t2.micro)

AWS EC2の無料利用枠を利用してサンドボックスを作ろうと考えていたら、昨日07/02にAWSからT2インスタンスなるものが発表されていたので、ちょっと遊んでみました。 用途は自宅サーバーです。 ア …

no image

RedHatEnterprise3.0​/bonding(結合インターフェース)

bonding(結合インターフェース) 参考URL 設定 1.bondingモジュールのロード設定 2.各IFのコンフィグ 3.設定の適用 4.動作テスト ログで確認。 ステータスを確認 Tip 参考 …