harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux infra nagios 運用

nagios​/plugin​/SNMP​/インストール(perl版)

投稿日:2010年12月4日

Last Updated on 2021年7月4日 by かんりにん

 

nagiosプラグイン[snmp]インストール・設定(perl版)

1)混合パッケージ

上記サイトで配布されているプラグイン

http://nagios.manubulon.com/nagios-snmp-plugins.1.1.1.tgz
check_snmp_boostedge.pl
check_snmp_cpfw.pl
check_snmp_css_main.pl
check_snmp_css.pl
check_snmp_env.pl
check_snmp_int.pl
check_snmp_linkproof_nhr.pl
check_snmp_load.pl
check_snmp_mem.pl
check_snmp_nsbox.pl
check_snmp_process.pl
check_snmp_storage.pl
check_snmp_vrrp.pl
check_snmp_win.pl

2)check_snmp_cpu.pl

  • 参考サイト
    www.be-root.com/
    www.be-root.com/downloads/nagios/plugins/check_snmp_cpu

インストール

ダウンロードしたアーカイブを展開して、${NAGIOSROOT}/libexec以下に配置して終了。

プラグイン動作確認

実行権限をつけて個別にステータスの取得をチェックしてみる。

  • check_snmp_storage.pl
    # ./check_snmp_storage.pl -H 192.168.0.128 -C public -m / -w 70 -c 90

    ※デフォルトではsnmp v1、v2cのみ設定されているが、v3も設定追加が出来る様子。

  • check_snmp_mem.pl
    # ./check_snmp_mem.pl -H 192.168.0.128 -C public -w 99,20 -c 100,20 -f
    Ram : 16%, Swap : 0% : ; OK | ram_used=667108;4100521;4141940;0;4141940 swap_used=116;210450;210450;0;1052248
  • check_snmp_load.pl
    # ./check_snmp_load.pl -H 192.168.0.128 -C public -f -w 80 -c 95 -f
    8 CPU, average load 1.6% < 80% : OK | cpu_prct_used=1.625%;80;95 - check_snmp_cpu.sh # ./check_snmp_cpu -H 192.168.0.128 -C public -w 85 -c 90 CPU load : 3% | cpu_used=3;85;90;0 

nagios環境設定

各プラグインのコマンド定義はcommands.cfgの書式と同一だが snmpプラグイン用のコンフィグもそこそこの長さになるので 区別・編集しやすいよう設定ファイルを別にして管理する。

1)check_snmp*のコマンド定義ファイル作成

# pwd /usr/local/nagios/etc/objects # cp -p commands.cfg commands_snmp.cfg 

2)書式設定

以下の本家サイトの設定例を参照に作成。
http://nagios.manubulon.com/index_commands.html

編集済みコンフィグはcommands_snmp.cfg.txtを参照のこと。

※コンフィグ抜粋

# nagios-snmp-plugins-perl 
# check_snmp_boostedge.pl define command{ command_name check_snmp_boostedge_v1 command_line $USER1$/check_snmp_boostedge.pl -H $HOSTADDRESS$ $USER7$ -s $ARG1$ -n $ARG2$ $ARG3$ } 

3)nagios.cfgへcommands_snmp.cfgを登録

# pwd /usr/local/nagios/etc
# vi nagios.cfg
  • [追記内容]
    34a35,41
    > # check_snmp configuration
    > # 2010-11-25
    > cfg_file=/usr/local/nagios/etc/objects/commands_snmp.cfg
    >

4)監視対象ホスト用のコンフィグ作成

# pwd
/usr/local/nagios/etc/objects
# vi webserver02.cfg

→設定後、nagios.cfgに設定ファイルをインクルードさせる。

5)書式確認および再起動

# /usr/local/nagios/bin/nagios -v /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg

→"Things look okay"が出たら再起動。

# /etc/init.d/nagios restart

再起動後、10~15分ほど待機してレポーティング画面から実行結果を確認する。

 

 

-GNU/Linux, infra, nagios, 運用
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

[MySQL] ZRM(Zmanda Recovery Manager) コマンドをいろいろ

“Zmanda Recovery Manager / ZRM”のRPM版にて一緒にインストールされるコマンドをいろいろ探ってみたので、メモをいろいろと。 ▼参考:お世話になって …

no image

[パッケージ管理]porgのインストール

テスト環境にpacoを入れておこうと、久々に本家サイトへアクセスしたら "This project is no longer active."とのこと。あらら・・・ つづけて、&q …

[AWS EC2] RHEL6のインスタンスでttyS0 のエラーが大量発生

  AWS EC2にてRedHat Enterprise Linux 6.5(以下RHEL6.5)のインスタンスを立ち上げ、MySQLサーバーをセットアップしてる最中 /var/log/message …

no image

ZABBIXインストール(1.1alpha7)

  動作条件 † Apache >= 1.3.12 MySQL (or PostgreSQL) >= 3.22 (7.0.2) PHP >= 4.0 (Apacheモジ …

no image

net2ftp

Webを使ってFTPアップロードができるツール。 MACserverのベースになっているとのことで、Windows/Mac間で文字化け回避を前提に ファイル共有する環境をセットアップ。 開発元、ダウン …