harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux infra nagios 運用

nagios​/plugin​/SNMP​/インストール(perl版)

投稿日:2010年12月4日

 

nagiosプラグイン[snmp]インストール・設定(perl版)

1)混合パッケージ

上記サイトで配布されているプラグイン

http://nagios.manubulon.com/nagios-snmp-plugins.1.1.1.tgz
check_snmp_boostedge.pl
check_snmp_cpfw.pl
check_snmp_css_main.pl
check_snmp_css.pl
check_snmp_env.pl
check_snmp_int.pl
check_snmp_linkproof_nhr.pl
check_snmp_load.pl
check_snmp_mem.pl
check_snmp_nsbox.pl
check_snmp_process.pl
check_snmp_storage.pl
check_snmp_vrrp.pl
check_snmp_win.pl

2)check_snmp_cpu.pl

  • 参考サイト
    www.be-root.com/
    www.be-root.com/downloads/nagios/plugins/check_snmp_cpu

インストール

ダウンロードしたアーカイブを展開して、${NAGIOSROOT}/libexec以下に配置して終了。

プラグイン動作確認

実行権限をつけて個別にステータスの取得をチェックしてみる。

  • check_snmp_storage.pl
    # ./check_snmp_storage.pl -H 192.168.0.128 -C public -m / -w 70 -c 90

    ※デフォルトではsnmp v1、v2cのみ設定されているが、v3も設定追加が出来る様子。

  • check_snmp_mem.pl
    # ./check_snmp_mem.pl -H 192.168.0.128 -C public -w 99,20 -c 100,20 -f
    Ram : 16%, Swap : 0% : ; OK | ram_used=667108;4100521;4141940;0;4141940 swap_used=116;210450;210450;0;1052248
  • check_snmp_load.pl
    # ./check_snmp_load.pl -H 192.168.0.128 -C public -f -w 80 -c 95 -f
    8 CPU, average load 1.6% < 80% : OK | cpu_prct_used=1.625%;80;95 - check_snmp_cpu.sh # ./check_snmp_cpu -H 192.168.0.128 -C public -w 85 -c 90 CPU load : 3% | cpu_used=3;85;90;0 

nagios環境設定

各プラグインのコマンド定義はcommands.cfgの書式と同一だが snmpプラグイン用のコンフィグもそこそこの長さになるので 区別・編集しやすいよう設定ファイルを別にして管理する。

1)check_snmp*のコマンド定義ファイル作成

# pwd /usr/local/nagios/etc/objects # cp -p commands.cfg commands_snmp.cfg 

2)書式設定

以下の本家サイトの設定例を参照に作成。
http://nagios.manubulon.com/index_commands.html

編集済みコンフィグはcommands_snmp.cfg.txtを参照のこと。

※コンフィグ抜粋

# nagios-snmp-plugins-perl 
# check_snmp_boostedge.pl define command{ command_name check_snmp_boostedge_v1 command_line $USER1$/check_snmp_boostedge.pl -H $HOSTADDRESS$ $USER7$ -s $ARG1$ -n $ARG2$ $ARG3$ } 

3)nagios.cfgへcommands_snmp.cfgを登録

# pwd /usr/local/nagios/etc
# vi nagios.cfg
  • [追記内容]
    34a35,41
    > # check_snmp configuration
    > # 2010-11-25
    > cfg_file=/usr/local/nagios/etc/objects/commands_snmp.cfg
    >

4)監視対象ホスト用のコンフィグ作成

# pwd
/usr/local/nagios/etc/objects
# vi webserver02.cfg

→設定後、nagios.cfgに設定ファイルをインクルードさせる。

5)書式確認および再起動

# /usr/local/nagios/bin/nagios -v /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg

→"Things look okay"が出たら再起動。

# /etc/init.d/nagios restart

再起動後、10~15分ほど待機してレポーティング画面から実行結果を確認する。

 

 

-GNU/Linux, infra, nagios, 運用
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

クラスタリング/heartbeat

クラスタリング/heartbeat † 2台のホスト間でのクラスタリングを構成する。以下のような機能を提供する。 フェイルオーバ機能 2つのノードでアクティブ/スタンバイ構成とし、 フェ …

no image

ただのメモ:yumdownloaderでパッケージだけダウンロード

RedHat,CentOS yumリポジトリからパッケージをダウンロードだけしたいが 該当のパッケージがすでにインストール済みの場合、”yum install –downloa …

no image

rsync実行時に”Argument list too long.”で叱られた時のメモ、ついでにxargsで渡してみた

アプリサーバーのログファイルが大量に増えたので、 ログ退避用にバックアップ用ホストを用意して転送をしようとしたら rsyncさんから"Argument list too long.&quot …

[小ネタ]certwatch サーバー内のSSL証明書の有効期限をチェックするスクリプト

※対象のOSはRedHat Enterprise Linux 6.*とCentOS6.*です。 RedHat/CentOSに”crypto-utils”なるRPMパッケージがあ …

[PHP] browscap.iniで出たsyntax errorの問題をなんとなく修正

社内にある開発環境のphp5.3環境にてパーサーのエラーが毎回出力されるので、ざっと調べて修正。 具体的には、 ”PHP: syntax error, unexpected $end, e …