harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux infra nagios 運用

nagios​/plugin​/SNMP​/ロードアベレージ監視

投稿日:2010年12月4日

&topicpath;

ロードアベレージ監視[check_snmp_load.pl]

スクリプト

check_snmp_load.pl

使用例:

# ../../libexec/check_snmp_load.pl -H 192.168.0.128 -C public -f -w 80 -c 95
1 CPU, load 1.0% < 80% : OK | cpu_prct_used=1%;80;95

スクリプト実行時の書式

  • 書式
    ./check_snmp_load.pl -H -C -f -w 85(%) -c 95(%) -f
  • 書式例
    ./check_snmp_load.pl -H 192.168.0.128 -C public -f -w 80 -c 95

ログ

nagiosgraph.logの出力情報を参照に。

Thu Dec 2 04:02:35 2010 insert.pl debug processdata data = [
‘1291230111’,
‘webserver’,
‘Current Load’,
‘2 CPU, average load 0.5% 80% : OK’,
‘cpu_prct_used=0.5%;80;95’
];

コンフィグ

  • コマンド定義
    • /usr/local/nagios/etc/objects/commands_snmp.cfg

      # check_snmp_load.pl
      define command{
      command_name check_snmp_load
      command_line $USER1$/check_snmp_load.pl -H $HOSTADDRESS$ -C $USER7$ -f -w $ARG1$ -c $ARG2$
      }

  • サービス定義
    • /usr/local/nagios/etc/nodes/webserver.cfg(例)
      デフォルトでconfigに含まれるlocalhost.cfgと同じような感じで。

      # Define a service to check Load on the remote machine.
      define service{
      use local-service,graphed-service ; Name of service template to use
      host_name webserver
      service_description Current Load
      check_command check_snmp_load!80!95

      #notifications_enabled 0
      }

マップ

  • /usr/local/nagios/etc/nagiosgraph/map

    # Service type: check_snmp_load

    # 2 CPU, average load 0.5% 80% : OK

    # cpu_prct_used=0.5%;80;95
    /perfdata:cpu_prct_used=([.\d]+)%;([.\d]+);([.\d]+)/
    and push @s, [ ‘load avarage’,
    [ ‘current’, GAUGE, $1 ],
    [ ‘warn’, GAUGE, $2 ],
    [ ‘crit’, GAUGE, $3 ] ];

Nagios統合監視[実践]リファレンス (Software Design plus)
株式会社エクストランス 佐藤 省吾 Team-Nagios
技術評論社
売り上げランキング: 398,071
マスタリングTCP/IP SNMP編
マスタリングTCP/IP SNMP編

posted with amazlet at 13.05.31
緒方 亮 矢野 ミチル 鈴木 暢
オーム社
売り上げランキング: 189,419

-GNU/Linux, infra, nagios, 運用
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

SNMPのTX/RXカウンタについて(YAMAHA RTX1200)

会社のGWルーターに使用しているRTX1200のインターフェースのTX/RXカウントを LinuxサーバーからSNMPを使って累積でログに書き出していたところ、 32ビット長分に達するとリセットされる …

no image

RedHatEnterprise3.0​/bonding(結合インターフェース)

bonding(結合インターフェース) 参考URL 設定 1.bondingモジュールのロード設定 2.各IFのコンフィグ 3.設定の適用 4.動作テスト ログで確認。 ステータスを確認 Tip 参考 …

no image

postfix設定変更(inet_protocols)

参考:お世話になっております。 Postfix IPv6サポート http://www.postfix-jp.info/trans-2.2/jhtml/IPV6_README.html EC2のCen …

no image

[メモ]rsyslog たくさんのNW機器のsyslogを振り分ける方法

客先にそこそこの数のルーター、スイッチ、APがあるので、syslogサーバーを立てて一括管理しておきたいのだけど、DBに放り込むほどではないのでrsyslogdでまかなうことに。 syslogファシリ …

no image

メモ:lsコマンドでタイムスタンプの表記を変える

lsコマンドにてタイムスタンプの表記を変える場合は、オプション”-l”との併用で”–time-style”をつけ 各種表記やdateコマンド …