harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

CentOS GNU/Linux infra

iperf

投稿日:2006年11月10日

iperf

帯域を測定する、ネットワーク性能測定ツール。
こまかい使い方についてはこれから要検証。

[本家サイト]
NLANR
http://dast.nlanr.net/projects/Iperf/#download

[参照サイト]
お世話になっています。
http://www.asahi-net.or.jp/~pm5m-on/it/net/analyzer/iperf/index.htm

ダウンロードとインストール

本家サイトからダウンロードしたアーカイブを展開するだけ。
バイナリが解凍されるので即実行可能(一応/usr/local/binなどにコピって)

2つのホスト間の帯域を計測するので、パケットの送信元となるクライアント側と
受け取り先となるサーバ側にそれぞれダウンロードし、展開する。

# wget http://dast.nlanr.net/projects/Iperf/iperf-1.7.0-linux-2.3.tar.gz
# tar -zxvdf iperf-1.7.0-linux-2.3.tar.gz 

以下のファイルが展開される。

doc/はDocumentRootなどにおいてもOK
iperf
doc/
doc/dast.gif
doc/index.html
doc/jperf.gif
doc/lib.html
doc/ui_license.html
README
KNOWN_PROBLEMS

実行例

IPアドレスは、クライアント側:192.168.0.1、サーバ側192.168.0.2として計測。

デフォルト:サーバ側接続ポート		5001番
	  バッファ長		TCP   8KB
				UDP 1470B
	  UDP帯域		1Mbit/sec
	  パケット送信時間		10秒

出力結果の"Bandwidth"が帯域幅の計測結果となる。
クライアント側とサーバ側で帯域幅が異なっているので、ボトルネックの調査などを
行う材料となる…のかな?

  • クライアント側(パケット送信側) IP:192.168.0.1
    # ./iperf -c 192.168.0.2
    ------------------------------------------------------------
    Client connecting to 192.168.0.2, TCP port 5001
    TCP window size: 16.0 KByte (default)
    ------------------------------------------------------------
    [  3] local 192.168.0.1 port 32808 connected with 192.168.0.2 port 5001
    [ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
    [  3]  0.0-10.0 sec   112 MBytes  94.0 Mbits/sec
    # 
  • サーバー側(パケット受け取り側) IP:192.168.0.2
    # ./iperf -s
    ------------------------------------------------------------
    Server listening on TCP port 5001
    TCP window size: 85.3 KByte (default)
    ------------------------------------------------------------
    [  4] local 192.168.0.2 port 5001 connected with 192.168.0.1 port 32807
    [ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
    [  4]  0.0-10.4 sec   112 MBytes  90.1 Mbits/sec

-CentOS, GNU/Linux, infra
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

[Juniper]SRX220 J-Webのトラブルシュートと設定変更

SRX220のJ-Webへログインできなくなっちゃったときのトラブルシュート。 J-Webを使ってSRXの設定変更をしていた際、誤ってログアウトせずにブラウザを閉じてしまい、再度アクセスをしたところ、 …

[小ネタ]certwatch サーバー内のSSL証明書の有効期限をチェックするスクリプト

※対象のOSはRedHat Enterprise Linux 6.*とCentOS6.*です。 RedHat/CentOSに”crypto-utils”なるRPMパッケージがあ …

no image

rsync実行時に”Argument list too long.”で叱られた時のメモ、ついでにxargsで渡してみた

アプリサーバーのログファイルが大量に増えたので、 ログ退避用にバックアップ用ホストを用意して転送をしようとしたら rsyncさんから"Argument list too long.&quot …

RTX1200 事前共有キー/pre-shared-key で使用できる文字列について

RTX1200へVPNクライアントソフト(YMS-VPN7)を使用してのIPsec接続のセットアップに際して 共有キーの文字列を乱数で生成してtextで登録し、接続テストをしたところ認証失敗のメッセー …

no image

postfix + pop before SMTP

▼dracインストールとローカルでの動作確認 2004/10/20 dracはpop before SMTPを実装するためのアプリです。 といっても、この後SMTP-authへ変更してしまいましたが… …