harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

GNU/Linux network ssh

shfsをインストール

投稿日:2006年6月15日

SSH版NFSともいえるshfsのインストールのドキュメント。これは便利。

【本家サイト】
お世話になっています。
http://shfs.sourceforge.net/

ただ、しばらく更新されていない様子…

ソースの場合

ダウンロードと展開

まずダウンロードして展開。

[[email protected] ~]# cd /usr/local/src/
[[email protected] src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/shfs/shfs-0.35.tar.gz 
[[email protected] src]# tar -zxvf shfs-0.35.tar.gz 
[[email protected] src]# cd shfs-0.35

・事前にGCCとカーネルバージョンを確認しておく。

[[email protected] shfs-0.35]# gcc --version
gcc (GCC) 3.4.5 20051201 (Red Hat 3.4.5-2)
Copyright (C) 2004 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

[[email protected] shfs-0.35]# 
[[email protected] shfs-0.35]# cat /proc/version
Linux version 2.6.9-34.EL ([email protected]) (gcc version 3.4.5 20051201 (Red Hat 3.4.5-2)) #1 Wed Mar 8 00:07:35 CST 2006

コンパイル

[[email protected] shfs-0.35]# make
[[email protected] shfs-0.35]# make install

出来上がったらshfsmount/ディレクトリを確認

[[email protected] shfs-0.35]# ll shfsmount/ 
合計 224
-rw-------  1 root root  1235  *月  1  2004 Makefile
-rw-r--r--  1 root root 11940  *月 15 18:19 perl-code.h
-rw-------  1 root root  9918  *月  1  2004 perl-code.in
-rw-r--r--  1 root root   436  *月 15 18:19 perl-test.h
-rw-------  1 root root   350  *月  1  2004 perl-test.in
-rw-------  1 root root  3964  *月  1  2004 proto.c
-rw-------  1 root root   143  *月  1  2004 proto.h
-rw-r--r--  1 root root 24324  *月 15 18:19 proto.o
-rw-r--r--  1 root root  7428  *月 15 18:19 shell-code.h
-rw-------  1 root root  6340  *月  1  2004 shell-code.in
-rw-r--r--  1 root root   259  *月 15 18:19 shell-test.h
-rw-------  1 root root   231  *月  1  2004 shell-test.in
-rwxr-xr-x  1 root root 50106  *月 15 18:19 shfsmount
-rw-------  1 root root 15191  *月  1  2004 shfsmount.c
-rw-------  1 root root   369  *月  1  2004 shfsmount.h
-rw-r--r--  1 root root 24204  *月 15 18:19 shfsmount.o
-rwxr-xr-x  1 root root 12873  *月 15 18:19 shfsumount
-rw-------  1 root root  3245  *月  1  2004 shfsumount.c
-rw-r--r--  1 root root  8484  *月 15 18:19 shfsumount.o
[[email protected] shfs-0.35]# 

バイナリでshfsmountとshfsumountができている。
/usr/local/bin/へコピー。

[[email protected] shfsmount]# cp shfsmount /usr/local/bin/
[[email protected] shfsmount]# cp shfsumount /usr/local/bin/

動作確認

  • マウント
    リモートホストの/usr/local/をローカルの/mntにマウントしてみる。

    [[email protected] shfs-0.35]# shfsmount 192.168.***.***:/usr/local/ /mnt/
    [email protected]***.***'s password: 
    [[email protected] shfs-0.35]# 

    マウント状況を確認。
    /usr/local以下のディレクトリがマウントされている。

    [[email protected] shfs-0.35]# ll /mnt/
    合計 36
    drwxr-xr-x  2 root root 4096  8月 12  2004 bin
    drwxr-xr-x  2 root root 4096  8月 12  2004 etc
    drwxr-xr-x  2 root root 4096  8月 12  2004 games
    drwxr-xr-x  2 root root 4096  8月 12  2004 include
    drwxr-xr-x  2 root root 4096  8月 12  2004 lib
    drwxr-xr-x  2 root root 4096  8月 12  2004 libexec
    drwxr-xr-x  2 root root 4096  8月 12  2004 sbin
    drwxr-xr-x  4 root root 4096  *月  6 10:45 share
    drwxr-xr-x  2 root root 4096  8月 12  2004 src

パッケージをコンパイルする/RPMの場合

本家サイトで提供されているのはソースアーカイブのみだが
ソースからパッケージ(RPM/dev)のコンパイルもオッケー。

[[email protected] ~]# cd /usr/local/src/
[[email protected] src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/shfs/shfs-0.35.tar.gz 
[[email protected] src]# tar -zxvf shfs-0.35.tar.gz 
[[email protected] src]# cd shfs-0.35
[[email protected] shfs-0.35]# gcc --version
[[email protected] shfs-0.35]# make rpm

これでオッケー。しばらくするとrpm/ディレクトリ以下にパッケージができている。
※ついでにソースパッケージ(src.rpm)もできている。

  • ソースパッケージ確認
    [[email protected] shfs-0.35]# ls -al rpm/SRPMS/ 
    合計 280
    drwxr-xr-x  2 root root   4096  *月 15 18:00 .
    drwx------  6 root root   4096  *月 15 18:00 ..
    -rw-r--r--  1 root root 132143  *月 15 18:00 shfs-module-2.6.9-34.EL-0.35-1.src.rpm
    -rw-r--r--  1 root root 132146  *月 15 18:00 shfs-utils-0.35-1.src.rpm
  • RPMパッケージ確認
    [[email protected] shfs-0.35]# ls -al rpm/RPMS/i686/ 
    合計 396
    drwxr-xr-x  2 root root   4096  *月 15 18:00 .
    drwxr-xr-x  8 root root   4096  *月 15 18:00 ..
    -rw-r--r--  1 root root 290548  *月 15 18:00 shfs-module-2.6.9-34.EL-0.35-1.i686.rpm
    -rw-r--r--  1 root root  96865  *月 15 18:00 shfs-utils-0.35-1.i686.rpm
    [[email protected] shfs-0.35]# 

インストール

[[email protected] shfs-0.35]# cd rpm/RPM/i686/
[[email protected] i686]# rpm -ivh shfs-*
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:shfs-utils             ########################################### [ 50%]
   2:shfs-module-2.6.9-34.EL########################################### [100%]
[[email protected] i686]# 

ちなみにインストールされるファイルはこんな感じ。

  • shfs-module
    [[email protected] i686]# rpm -ql shfs-module-2.6.9-34.EL-0.35-1
    /lib/modules/2.6.9-34.EL/kernel/fs/shfs
    /lib/modules/2.6.9-34.EL/kernel/fs/shfs/shfs.ko
  • shfs-utils
    [[email protected] i686]# rpm -ql shfs-utils-0.35-1
    /sbin/mount.shfs
    /usr/bin/shfsmount
    /usr/bin/shfsumount
    /usr/share/doc/shfs
    /usr/share/doc/shfs/COPYING
    /usr/share/doc/shfs/Changelog
    /usr/share/doc/shfs/TODO
    /usr/share/doc/shfs/html
    /usr/share/doc/shfs/html/faq.html
    /usr/share/doc/shfs/html/images
    /usr/share/doc/shfs/html/images/ceres.jpg
    /usr/share/doc/shfs/html/images/ean.png
    /usr/share/doc/shfs/html/images/schema.png
    /usr/share/doc/shfs/html/index.html
    /usr/share/doc/shfs/html/install.html
    /usr/share/doc/shfs/html/internals.html
    /usr/share/doc/shfs/html/shfs.css
    /usr/share/doc/shfs/html/shfsv4.css
    /usr/share/man/man8/shfsmount.8
    /usr/share/man/man8/shfsumount.8
    [[email protected] i686]# 

備考

マウント先のパーミッションの設定などを要確認。

-GNU/Linux, network, ssh

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

haproxyを試す 4.ソケット接続とステータス出力

haproxyでステータスやバックエンドサーバーの状態やプールを確認する場合、コマンドラインからチェックできるツールは無い様子。代わりにソケットリレーツール”socat(SOcketをCA …

no image

クラスタリング/heartbeat

クラスタリング/heartbeat 参考サイト 構成ファイルとバージョン 作業ログ 1)ダウンロードとインストール libnet heartbeat heartbeat-ldirectord 2)構成 …

no image

カーネル負荷テストツール(LTP)

カーネル負荷テストツール(LTP) IBM、SGI、OSDLなどが共同で運営しているLinux Test Project(ltp)の提供するツール を使ってサーバへの負荷テストを行う。 ↑ …

no image

haproxyを試す 1.インストールから簡易設定まで

haproxy コミュニティ版の設定、動作検証を。 先日のここからの流れで、クライアント先のWebサービスへ導入するための検証の一環です。 ざっとマニュアルを確認した限りでも、ラウンドロビンだけでなく …

no image

ssh バッチ処理用認証鍵の設定

バッチ処理用認証鍵の設定 1)パスフレーズなし秘密鍵/公開鍵の作成 2)公開鍵をリモートホストへ登録 【authorized_keysへのオプション追加】 【記述例】 3)接続 バッチ処理用認証鍵の設 …