harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

[Juniper]SRX ssh公開鍵認証でログイン

   


LinuxサーバーへdailyでSRXのコンフィグをバックアップするべく、tftpサーバーを設定しようと思ったら
どうやらtftpらしきものがないので、sshでリモートコマンドを使ってコンフィグをとってくる方法に変更。
作業としては前回のつづきw

バッチ処理にするためsshの認証を端折りたいので、SRXのログインアカウントにLinuxサーバーのアカウントの公開鍵を登録する方法をメモ。

設定例

  • リモートサーバー
    IPアドレス		:192.168.100.2
    ホスト名		:REMOTEHOST
    ユーザー名	:remoteuser
  • SRX環境
    IPアドレス		:192.168.100.254
    ホスト名		:host-A
    ユーザー名	:admin

リモートサーバーにあるremoteuserの公開鍵をhost-Aのadminアカウントのプロファイルに登録
remoteuserの公開鍵はhost-A側からSCPで取得する。

設定手順

1)SRXへsshアクセス

$ ssh admin@192.168.100.254
admin@192.168.100.254's password:
--- JUNOS 12.1X44-D25.5 built 2013-10-24 20:29:21 UTC
{primary:node0}
admin@host-A>

2)コンフィグモードへ切り替え

admin@host-A> configure
warning: Clustering enabled; using private edit
warning: uncommitted changes will be discarded on exit
Entering configuration mode

{primary:node0}[edit]
admin@host-A#

上記の例では、rootでないのでログイン時のモードはオペレーションモードになっている。
rootでログインする場合は、CLIモードになっているので
オペレーションモード→コンフィグモードへの切り替えが必要。

3)sshの設定

sshの環境設定のため" set system services ssh"を実行。

admin@host-A# set system services ssh

4)ログインユーザーを指定し、公開鍵認証でアクセスしたいサーバーの公開鍵をscpでとってくる

admin@host-A# set system login user admin class super-user authentication load-key-file scp://remoteuser@192.168.100.2:/home/remoteuser/.ssh/id_dsa.pub
remoteuser@192.168.100.2's password:
id_dsa.pub                                   100%  606     0.6KB/s   00:00 

{primary:node0}[edit]
admin@host-A#

5)設定を適用する

admin@host-A# commit
node0:
configuration check succeeds
node1:
commit complete
node0:
commit complete

{primary:node0}[edit]

6)動作確認

リモートホスト(192.168.100.2/REMOTEHOST)のremoteuserアカウントから
sshアクセスをテストし、パスワード入力不要でログインできることを確認。

$ ssh admin@192.168.100.254
--- JUNOS 12.1X44-D25.5 built 2013-10-24 20:29:21 UTC
{primary:node0}
admin@host-A>

→上記のとおり成功すればOK。

Juniper SRX Series
Juniper SRX Series

posted with amazlet at 14.01.28
O’Reilly Media (2013-06-07)
Junos 設定&管理 完全Bible
ガレネット株式会社 兵頭 竜男 漆谷 智行 米山 明 松居 良
技術評論社
売り上げランキング: 147,042

 - infra, Juniper, network