harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

[Juniper]SRX アプリケーション別のタイムアウト設定

   


社内で利用しているアプリケーションのセッションが一定時間操作がない状態で切れてしまうため、回避のため設定を追加。
具体的にはTCPセッションにて、指定したポートの通信タイムアウトを指定する方法。

環境

まずデフォルトのタイムアウト設定を確認したところ、
TCPは30分、UDPで1分という設定がされている様子。

1)プリセットされた設定情報の確認

せっかくなのでpre-definedのアプリケーションに対する設定をちょっと見てみる。

  • rootでログインしてcliモードへ変更
    root@host-A% cli
  • プリセットされた設定の確認
    root@host-A> request pfe execute target fwdd command "show usp app-def tcp"
    SENT: Ukern command: show usp app-def tcp
    GOT:
    GOT: tcp port=0, appl_name=junos-tcp-any, service type=0, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=21, appl_name=junos-ftp, service type=1, alg id=1, timeout=1800
    GOT: tcp port=22, appl_name=junos-ssh, service type=22, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=23, appl_name=junos-telnet, service type=10, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=25, appl_name=junos-smtp, service type=7, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=43, appl_name=junos-whois, service type=46, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=49, appl_name=junos-tacacs, service type=0, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=53, appl_name=junos-dns-tcp, service type=16, alg id=16, timeout=1800
    GOT: tcp port=65, appl_name=junos-tacacs-ds, service type=0, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=70, appl_name=junos-gopher, service type=39, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=79, appl_name=junos-finger, service type=17, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=80, appl_name=junos-http, service type=6, alg id=6, timeout=300
    GOT: tcp port=110, appl_name=junos-pop3, service type=8, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=111, appl_name=junos-sun-rpc-tcp, service type=5, alg id=5, timeout=2400
    GOT: tcp port=113, appl_name=junos-ident, service type=34, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=119, appl_name=junos-nntp, service type=35, alg id=0, timeout=1800
    GOT: tcp port=135, appl_name=junos-ms-rpc-tcp, service type=55, alg id=55, timeout=60
    GOT: tcp port=139, appl_name=junos-smb, service type=21, alg id=0, timeout=1800
    ・・・以下略

    それぞれデフォルト値に設定されているので、変更する場合は以下を参考に。

2)カスタム設定の追加

ということで、今回はpre-definedアプリでなく独自の設定を加えるので
source、destの各ポート設定とタイムアウトを指定して実行。
以下の例では、

  • ポート30003番に対してソースはどこからでも受け付ける設定
  • タイムアウトは6時間に設定。
    として設定。
    ※運用上6時間という長さが適切かどうかは置いといて…
設定実行
root@host-A# set applications application test-policy protocol tcp source-port 0-65535 destination-port 30003-30003 inactivity-timeout 21600
	
{primary:node0}[edit]
root@host-A#

→設定後にcommitを実行して適用。

root@host-A> commit

3)設定の確認

  • cliモードで"show configuration applications"を実行して、カスタム設定を確認。
    root@host-A> show configuration applications
    	application test-policy {
    	    protocol tcp;
    	    source-port 0-65535;
    	    destination-port 30003-30003;
    	    inactivity-timeout 21600;
    	}
    	
    	{primary:node0}
    root@host-A> 

上記で設定追加は終了。あとは対象のアプリにてセッションタイムアウトの状況を確認して、問題なければOK。

Juniper SRX Series
Juniper SRX Series

posted with amazlet at 14.01.28
O’Reilly Media (2013-06-07)
Junos 設定&管理 完全Bible
ガレネット株式会社 兵頭 竜男 漆谷 智行 米山 明 松居 良
技術評論社
売り上げランキング: 147,042

 - infra, Juniper, network