harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

[メモ]WindowsサーバのフォルダをLinuxサーバーへマウント

   


しばらくsmbを使っていなかったので、いつの間にかsmbmountを使わずとも
mountコマンドのオプションでマウントを出来ることを知らなかったw

WindowsフォルダのLinuxサーバーへのマウントには
mountコマンドでオプション"-t cifs"をつけるか、mount.cifsコマンドを使用するか、どちらでもOK。
ユーザ名、パスワードの指定など引数はどちらも共通。
またwindowsサーバーのフォルダを指定する際、シェル/コンソールが対応していればコマンドラインに日本語・漢字を直接指定してもOK。
あんまり健全な使い方ではないが、これは(手抜きだけど)助かる!

マウントをする場合の例

以下の例はmount.cifsコマンドでの書式と利用例。

  • [書式]
    # mount.cifs -o user=USERNAME,password=PASSWORD,rw,file_mode=<パーミッション>,dir_mode=<パーミッション> //<WindowsサーバーのIPまたはホスト名>/<フォルダ名>/ <マウントポイント>
  • [実行例]
    # mount.cifs -o user=USERNAME,password=PASSWORD,rw,file_mode=0777,dir_mode=0777 //192.168.254.128/共有フォルダ/ /mnt/

アンマウントする場合

通常のumountコマンドでアンマウントすればOK。

  • [実行例]
    # umount /mnt/

あんまり細かいオプションとかまでは調べていないので、今後の運用で必要になったら都度調査することに。

 - bash, GNU/Linux, メモ, 運用