harumaki.net

インフラ屋の覚書や、ラーメン食べある記とか。

YAMAHAルーター設定tip

   


すべて製品に付属のマニュアルに載っているのでアレだけど、自分の備忘録用として。

1)端末アクセス

最近のノートPCにはシリアルケーブルが付属していないため、ルーターやスイッチの設定時に
USB変換ケーブルが必要になるが、YAMAHAルーターはLAN1にあらかじめIPアドレスが
割り当てられている。

デフォルトIP:192.168.100.1

なのでシリアル接続をしなくても、付属のLANケーブルをLAN1のどこかにノートをつなげれば
DHCPでIP割り当てをうけて、コンソールないしWebへ接続できる

  • コンソールの場合
    ターミナルソフトから192.168.100.1へtelnetアクセスする
  • Webの場合
    ブラウザからhttp://192.168.100.1/へアクセスする

ID、パスワードは初期設定はないので、空白でログインする

2)コンフィグの閲覧(show configコマンド)

  show configコマンドはadministratorでなくても使用可能
  コンフィグを見るだけならログインユーザーで。

3)DNSサーバ指定

DNSサーバの指定はWeb管理画面からは実施できないので、コンソールから行う。

4)設定を工場出荷時の状態に戻す方法

パターンは2種類。
当然ながらコンフィグは全て消えるので、バックアップはTFTPや外部フラッシュなどに取得しておくこと。

1.コマンドライン上からcold startを実行

管理者権限でcold startを実行する。
実行の際には管理者パスワードが必要。

  • 操作手順
    > administrator
    Password:	←管理者パスワードを入力
    # cold start
    Password:	←管理者パスワードを入力

2.本体ボタンによる初期化

パスワード紛失や設定ミスなどによりtelnetやシリアル接続でのログインが
できなくなった場合に有効。

  • 操作手順
    SD、USB、DOWNLOAD の3 つのボタンを押しながら電源を入れる。

5)ログインのタイムアウト設定(説明書P36)

コンソールにキー入力が一定時間無い時には、自動的にログアウトとなる。
デフォルトは300 秒

ログアウトまでの時間はlogin timerコマンドで設定可能。。

  • 設定例
    # login timer 120
    # save

    パラメータをclearに設定すると、自動ログアウトが無効になり quit コマンドを実行するまで、ログインした状態のままになるとのこと。

  • 注意!
    TELNET またはSSH でログインしている場合には、セキュリティの観点からパラ
    メータがclear である場合でもログインタイマが300 秒として扱われます。とのこと。

 

ヤマハルーターでつくるインターネットVPN [第4版] -無線LAN構築対応-
井上 孝司
マイナビ (2015-07-24)
売り上げランキング: 25,867

 

 - network, YAMAHA Router, 備忘録